セカオワSaori、妊娠中の複雑な心境を綴る「人に会う度に“お腹大きいね”と言われる……」

ネットで話題

[2017/11/7 19:21]

セカオワSaoriが妊娠中の複雑な心境を綴る……

4人組バンド“セカオワ”ことSEKAI NO OWARIのメンバーSaori(ピアノ、キーボードほか)が2017年1月に俳優の池田大との結婚を発表し、同年8月に第1子を妊娠中であることと、2018年の年明けに出産予定であることを報告。そんな彼女が11月6日、Twitterにて自身の複雑な心境を明かした。

Saori

<耳マンのそのほかの記事>

現在妊娠中のSaoriは「最近は人に会う度に“お腹大きいね”と言われる。今までこんなにも体型のことを言われる経験がなかったので、何だか恥ずかしくて、時々隠れてしまいたい気分になる」と、体型の変化を人に指摘されると恥ずかしくなってしまうといった素直な気持ちを吐露。これについて「“赤ちゃん大きくなりましたねって意味だよ”と旦那さんは言う」と、夫から悪気のある言葉ではないことを伝えられるものの「分かってはいる。でも、素直に嬉しいと思えない時だってあるのだ」と、複雑な心持ちになってしまうことを綴った。

Saori Twitter

「私もそんな風に思いましたよ」共感やエールなどさまざまな声届く

彼女のこの投稿に、フォロワーからは「赤ちゃんが大きくなっていってる嬉しさと恥ずかしさが交ざった今しか味わえない気持ちですね」「妊婦さんはお腹が大きくなるだけじゃなくて、色んな所の変化があるから、それだけでも受け入れていかなきゃ行けない苦労がありますよね」「言葉って難しいね」との声や、同じ経験をしたことがあるとみられるユーザーからの「これは経験しないとわかんない気持ちですよね」「わかる気がします」「私もそんな風に思いましたよ」といった共感コメント、「ゆったりとした時間が出来る事を切に願っています」「元気な赤ちゃんが産まれますように」との温かいエールなど、さまざまな反響が寄せられている。

10月には初の小説を発売

そんなSaoriは藤崎彩織名義で初の小説『ふたご』を10月28日に発売。同作は構想から5年以上もの月日をかけて彼女が音楽活動の合間に綴った約300ページにおよぶ大作に仕上がっているという。あらすじからは同バンドのFukase(ボーカル、ギター)と彼女との実話が元になっていると考えられ、その内容にも注目が集まっている。気になった方はぜひ同書もチェックしてみてはいかがだろう?

藤崎彩織『ふたご』 表紙

『ふたご』あらすじ

いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、不良っぽく見えるけれども人一倍感受性の強い、高校生の月島。彼は自分たちのことを「ふたごのようだと思っている」と言うのだが、いつも滅茶苦茶な行動で夏子を困惑させ、夏子の友達と恋愛関係になり、夏子を苦しめる。それでも月島に惹かれる夏子は、誘われるままにバンドに入り、彼の仲間と共同生活を行うことになるのだが……。自分ひとりでは何もできなかった少女が少年に導かれるままに成長し、自らの力で居場所を見つけようとする姿を描いた、感動の青春小説。

[耳マン編集部]