ほのかりん、危うい恋模様描かれた自作の2曲は「同じ人をテーマにして書いてます」

ネットで話題

[2017/11/10 13:49]

ほのかりんが『ミスiD 2018』を受賞ッ!

モデルの玉城ティナや“モテクリエイター”として人気の菅本裕子など型にはまらない個性をもった女性芸能人・クリエイターを輩出する講談社主催のオーディション『ミスiD』。11月3日に『ミスiD 2018』の全受賞者が発表され、グランプリに兎遊、ろるらりの2名が輝いた。

<耳マンのそのほかの記事>

ほかにも、今回は『ミスiD 2018』を過去最多の10名が受賞。なかでも注目を集めているのがロックバンド・ゲスの極み乙女。のメンバー川谷絵音との飲酒デート報道で世間を騒がせた“ほのかりん”。彼女は2016年12月に所属事務所との契約解除が発表されたが、ふたたび芸能活動を再開。同オーディションのアピール動画でほのかりんは「いろいろありましたが帰って来たんですけど、喋るとボロが出るタイプなので、歌って帰ろうと思います」とシンプルに語り、自作曲の『東京』を情念たっぷりにギターで弾き語り、鮮烈な印象を残していた。

ほのかりん

自作の2曲は「同じ人をテーマにして書いてます」

その後、ほのかりんは9月20日にデビューシングル『メロンソーダ』を、10月18日にセカンドシングル『東京』を配信リリース。両曲ともに、彼女が作詞作曲を担当している。『メロンソーダ』では「お酒も沢山飲んで約束は破ってしまったわ」「もう会う気は無いからね」と一連の騒動を想起させるようなフレーズも登場。『東京』では「最後に戻ってくるのは私の所にして」といった言葉も現れ、2曲ともに男女の切なさや危うさが感じられる恋愛模様が紡がれている。そんななか、11月10日にほのかりんはTwitterにて「メロンソーダと東京は同じ人をテーマにして書いてます」とツイート。それってまさか……。楽曲のテーマとなった人物が誰なのかは彼女のみぞ知ることだが、さまざまな想像をしてしまった人も少なくはないのかもしれない!?

ほのかりん Twitter

11月6日には情報番組『ノンストップ!』に出演し、赤裸々な思いを語ったほのかりん。今後もそんな彼女から目が離せなくなりそうだ。

『ほのかりん 『メロンソーダ』MV』
[耳マン編集部]