頸髄完全損傷で療養中のプロレスラー・高山の笑顔に「復活を信じてます」激励の声が飛び交う

ネットで話題

[2017/11/21 19:22]

5月の試合中に頚髄を損傷 高山善廣が笑顔をみせる

プロレスラー・鈴木みのるが11月19日、頸髄完全損傷で療養中のプロレスラー・高山善廣とのツーショットをSNSに公開。笑顔をみせる高山の姿に多くのファンから安堵&激励のコメントが寄せられている。

鈴木みのる Twitter

<耳マンのそのほかの記事>

高山は5月4日、プロレス団体『DDTプロレス』の豊中大会に出場し、試合中に頚髄を損傷。頸髄完全損傷との診断を受けて療養している。鈴木は、重症を負った高山を支援する団体『TAKAYAMANIA』を設立して同氏を支援しているが、この日はお見舞いに行ったことを報告。Twitterにて「トモダチに会いに行って来た。前より少し顔色が良くなったみたいだ」と現在の高山の状況を報告し、「焦らず一歩づつ。ノーフィアー」と同氏のキメ台詞を用いながら、今後も支援していくことを誓った。写真の高山も笑顔をみせており、鈴木も安心したような優しい表情をみせている。何とも心が温まる素敵なツーショットだ。

「元気そうな姿が見れてとても嬉しいです」「復活を信じてます」

9月、10月にも高山のブログで同氏の病床の様子が公開されたが、「前より少し顔色が良くなったみたいだ」という鈴木の言葉、そして本人の笑顔に多くのファンも安心した様子。「元気そうな姿が見れてとても嬉しいです」「ホントに顔色がいい」「復活を信じてます」など、激励の言葉が多数寄せられている。

『TAKAYAMANIA』では治療費などの募金活動や応援グッズの販売などを行っている。鈴木の言葉どおり「焦らず一歩づつ」病状が回復してくれることを願いたい。

[耳マン編集部]