総合格闘技デビューした現役アイドル・川村虹花、初戦勝利も「1本取れなかったのが悔しい!」

ニュース

[2017/12/4 18:12]

注目を集めていた一戦……結果は!?

“最強の地下アイドル”をうたうアイドルグループ・仮面女子の川村虹花が、12月3日に新宿FACEにて開催された女子総合格闘技団体『DEEP JEWELS』の大会(『DEEP JEWELS 18』)にて総合格闘技デビューを果たした。アイドルが総合格闘技に挑戦するのは史上初ということで注目を集めていた一戦だったが、見事に川村が勝利。これはすごい……!

川村虹花

<耳マンのそのほかの記事>

身長差を生かした遠目からのハイキック!

今回の相手は、同じくこの日にデビューを果たしたREICA。フィリピン人の母をもつ18歳のハーフ選手だ。試合は3分2ラウンドの特別ルールで行われた。

川村虹花

川村はボクシングで実績を残しているREICAに対し、身長差を生かした遠目からのハイキックで攻め立てる。また、打撃にくるREICAの懐に飛び込んでのタックルなど熱い戦いぶりをみせ、3-0で判定勝ちを収めた。

川村虹花

川村はリング上で「私はアイドルとして活動しています。『格闘技をなめている』と思われる方も少なからずいると思います。私は試合で証明したかったといいますか、本気でやっていることを見せたかったです」とこの一戦への思いを言葉にし、「アイドルとしても、格闘家としても、どちらも100パーセントの本気で挑んでいきたいと思います」と今後の活躍を誓った。

「1本取れなかったのが悔しい!」

試合後には「やっぱりボクサーと言うことで(相手の)パンチも強かったです」とREICAを称賛しつつ、「1本取れなかったのが悔しい!っていう気持ちです。極めるのが勝ちというか試合というか……1本取れるように、次の試合はもっといい試合にしたいという反省の思いもあります」と悔しがった。現役アイドル&女子総合格闘家という異色の活動をみせる川村の今後に注目だ!

[耳マン編集部]