「Fカップの胸がいっぱいです」ぱいぱいでか美、初のワンマンライブで“精一杯の力”を発揮!

ニュース

[2017/12/16 17:00]

ぱいぱいでか美が自身初のワンマンライブを開催!

12月14日、東京・下北沢ERAにて歌手でタレントのぱいぱいでか美が自身初のワンマンライブ『でか美の精一杯の力を出すから、みんなにワンマンを見て欲しい。』を開催した。

<耳マンのそのほかの記事>

ぱいぱいでか美

独自の視点から繰り出されるおもしろトークやキュートなルックスを武器にバラエティ番組『有吉反省会』や『24時間テレビ』に出演するなど、タレントとしても活躍するでか美。同公演ではそんな彼女の歌手としての魅力が存分に発揮された。

アッパーチューンからバラードまでバラエティ豊かな楽曲を披露!

ライブはでか美がオケをバックに歌い踊るソロパートから開始。彼女は1曲目の『桃色の人生!』からパワフルな歌声で立て続けに3曲を熱唱。芯のある少しハスキーな歌声で時に熱く、時にクールに、アッパーチューンからバラードまでバラエティ豊かな楽曲陣でフロアを魅了した。ソロパートのラストに披露された『NICE MUSIC MUST PURE』では、曲中でファンによる彼女のワンマンライブやソロ活動5周年を祝福する本日限りの“口上”が叫ばれ、でか美もそれを嬉しそうな表情で受け止める。そんなファンとの素敵な関係性や、会場全体に漂う温かい空気からも、彼女の魅力が読みとれるようだった。

「こんなにたくさん来てくれて、おっきいFカップの胸がいっぱいなんですよ」

転換時間にはでか美による“自己紹介動画”が流れ、フロアからは笑い声があがる。続いてバンド“ぱいぱいぱいチーム”とともに登場したでか美は、力強く滑らかなラップが印象的な楽曲『PPDKM』を披露。重厚感のあるバンドサウンドとともに自作曲やカバー曲を熱唱し、大森靖子プロデュースの楽曲『PAINPU』で本編を締めくくる。

アンコールでステージに戻った彼女は『恋のブッキング』を披露。そして「最近好きになってくれた人もずっと昔から応援してくれている人も(こんなにたくさん来てくれて)、おっきいFカップの胸がいっぱいなんですよ」「私を応援してくれる人は人の気持ちを汲むことが上手いから、いつも支えてもらっています。これからも末長らく応援してもらえると、でか美、とっても嬉しいです!」と素直な想いを語り、バンドセットで再び『桃色の人生!』を披露。熱量の込もった歌声で、同公演のタイトル通り“精一杯の力”を発揮した。

ぱいぱいでか美は2018年1月より3ヶ月連続でイベントを開催することを発表。詳細は彼女のTwitterおよびオフィシャルサイトをチェックしてほしい!

(撮影:前田将博)

セットリスト

(ソロ)
1.『桃色の人生!』
2.『タイムカプセル』
3.『少年』
4.『下着返せ』
5.『大学』
6.『ノルマ3億年』
7.『結婚しないとナイト』(絵恋ちゃんカバー)
8.『出さない手紙』
9.『NICE MUSIC MUST PURE』

(バンドセット・ぱいぱいぱいチーム)
10.『PPDKM』
11.『言いたいことはありません』
12.『エモ(笑)』
13.『Long Vacation』
14.『秘密のウタヒメ』(Berryz工房カバー)
15.『トキメキ蟻地獄』
16.『幻滅サマー』
17.『PAINPU』

(アンコール)
18.『恋のブッキング』
19.『桃色の人生!』

『ぱいぱいでか美「桃色の人生!」』
[耳マン編集部]