ももクロの歌声に「ずっと励まされてた」……指原莉乃、下積み時代の思い出明かす

ネットで話題

[2018/1/15 19:32]

ももいろクローバーZの有安杏果が卒業を発表……

1月15日、“ももクロ”の愛称で知られるアイドルグループ・ももいろクローバーZのメンバー有安杏果が、21日のライブをもって同グループから卒業することが発表された。有安はブログにて「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と卒業の理由を説明。なお、今後については「具体的には何も決まってません」と綴っている。

ももいろクローバーZ。下段左が有安杏果

<耳マンのそのほかの記事>

突然のニュースが多方面で注目を集めており、SNSでは多くの著名人が彼女の卒業に関するコメントを発表。そんななか、アイドルグループHKT48のメンバー指原莉乃もこれについて言及した。

指原莉乃

指原が下積み時代の思い出明かす……ももクロの歌声に「ずっと励まされてた」

指原はTwitterにて「パワフルでストレートな歌声が聴けなくなるのが寂しい。。」とおそらく有安に向けたと思われるコメントを投稿。続けて「おそらく研究生の時、バックダンサーで、出番も楽屋もなくて」と、自身がAKB48の正規メンバーになる前の“研究生”だった過去を振り返り、「ももクロさんたちがUDXのイベントに出演してるときに劇場のエレベーターホールでずっとももクロさんたちの歌声聴いてたなあ。励まされたなあ」と、秋葉原の会場でももクロがイベントを行っていた際、その歌声を聴き励まされていたという思い出を明かした。

指原莉乃 Twitter

この投稿にファンからは「何そのエピソード! そんなの聞いたら涙が出ちゃう」「思い出の曲があるんだね」「ももクロの力ってすごいね。 寂しくなるね」「いい話」「なんか泣ける」「素敵な思い出や」「今はさっしーの歌声聞いて励まされてるアイドルがいっぱいいると思うよ」と感動の声が多く寄せられ、反響を呼んでいる。

自身がアイドルでありながら、大のアイドルファンであることを公言している指原は2012年6月、東京・日本武道館にてライブイベント『指原莉乃プロデュース「第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜」』を開催。同イベントにはももクロも出演していた。彼女たちと親交のあった指原によるリアリティたっぷりなエピソードには、多くのアイドルファンが胸を打たれたことだろう。

[耳マン編集部]