ドラマ『海月姫』、内田理央の体当たり演技が話題!「原作通りすぎるw」「最高に面白い」

ニュース

[2018/1/16 14:15]

月9ドラマ『海月姫』、内田理央の振り切れた演技が話題!

1月15日からスタートしたドラマ『海月姫』で“尼〜ず”のメンバーで三国志オタクの“まやや”役を演じた“だーりお”こと内田理央。彼女の振り切れた演技がネットで話題を呼んでいる。

<耳マンのそのほかの記事>

内田理央

同作は人気漫画家の東村アキコによる累計発行部数440万部超えを誇る大ヒットコミックが原作。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク”の倉下月海(芳根京子)が、ひょんなことから女装美男子の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と童貞エリート・鯉淵修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、なんとも複雑でややこしい三角関係に突入……そんななかで「自分には一生縁がない」と思っていた恋を知り、新しい自分を見つけていく“シンデレラコメディー”だ。

赤ジャージを“イン”し、独特なしゃべり方&アクションを披露……

月海とともに男子禁制のアパート・天水館で暮らす“尼〜ず”は、鉄道オタクや和物オタクなどそれぞれがオタク趣味を持っており、個性豊かなキャラクターが集まっている。ひとりひとりが印象に残るキャラだが、中でもひと際インパクトを残したのは内田が演じる三国志オタクの“まやや”。これまでは抜群のスタイルと華やかなルックスを活かした小悪魔的な役柄が多かった内田だが、今回の役では常に前髪が顔に覆いかかり、赤ジャージのセットアップを“イン”した強烈なビジュアル、独特なしゃべり方やアクションを披露した。

「こんな体当たり演技できる人だったんだ」驚き&称賛の声も

これについてSNSでは「え、赤ジャージってだーりお!?」「まややが原作通りすぎるww」「だーりおが最高に面白い」「だーりお、スタイルがいいから、ダサジャージも着こなしが半端ないwww」「こんな体当たり演技できる人だったんだ」「海月姫、だーりおがあんなにかわいいのにだーりおの前髪でほとんど隠れているから、すごい贅沢」と、普段の彼女とのギャップに驚く声や、その演技力を称賛するコメントが多く寄せられた。

最近では舞台で女子プロレスラー役を熱演したりと、その演技力に磨きがかかっている内田。第2話以降の彼女の演技にも期待が高まる! ぜひ注目しておこうっ。

[耳マン編集部]