マリリン・マンソン、“親友”YOSHIKIと一緒に楽曲を制作していることを明かす!

ニュース

[2018/1/19 16:56]

映画『WE ARE X』プレミアワールドツアーの映像が公開

ロックバンドX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』。2017年にヨーロッパを中心に行われた同作のプレミアワールドツアーの映像が、同バンドのメンバーYOSHIKI (ドラム、ピアノ)のオフィシャルYouTubeアカウントにて公開された。

<耳マンのそのほかの記事>

世界中のファンによる熱い姿が印象的……

今回公開された動画には世界各国(ドイツ、 フランス、 フィンランド、 スウェーデン、 イタリア、 中国、 ロシア、 日本、 メキシコ、 アメリカ、 オーストリア、 オランダ)での舞台挨拶の様子や、1日に数10本単位で受ける現地メディアのインタビュー風景、 感動のあまり泣き出すファンが続出する模様などが収められている。各国のファンの熱狂的な姿からは、X JAPANが世界中にファンを持つカリスマ的存在のロックバンドであることがうかがえる。

マリリン・マンソン、“親友”YOSHIKIと一緒に楽曲を制作していることを明かす!

映像には世界のスターたちによる映画『WE ARE X』へのコメントも収録。ミュージシャンのマリリン・マンソンは「YOSHIKIは誰も味わったことのないような経験をたくさんしてきた。それが今の彼を形成しているのだと思う。彼は俺の親友だ。そして、今、楽曲を一緒に制作している」と、YOSHIKIとともに現在レコーディングをしていることを明かした。

左からYOSHIKI、マリリン・マンソン

A.J.やジーン・シモンズも絶賛!!

さらにバックストリート・ボーイズのA.J.は「映画の最後には涙が止まらなかった。僕もYOSHIKIのような人間になりたい。彼が経験してきた数々の困難……2人のメンバーの死と、そして幼少期に経験した父親の死。それに対する彼のリアリズムやどこまでも謙虚な姿勢に引き込まれた」とコメント。KISSのジーン・シモンズも「彼(YOSHIKI)にはカリスマ性があり、文句なしに最高。世界一になるべきだ」と絶賛している。

2016年1月より、これまで世界29もの国と地域で上映されている同作。2017年12月13日にはBlu-ray/DVDもリリースされた。なお、X JAPANは4月21日に開催されるアメリカ最大規模のロックフェス『コーチェラ2018』への出演も決定。こちらも歴史に残るステージになりそうだ……。引き続きX JAPANの動向に注目したい!

『We Are X | Yoshiki Theatrical Premiere Tour Continues Worldwide』
[耳マン編集部]