GLAYのTERU、血液検査が「かなり悪い結果だった」……再検査報告にファンから心配の声

ネットで話題

[2018/1/24 16:30]

「定期的に血液検査してるんですが、今回はかなり悪い結果だった」

ロックバンドGLAYのボーカルTERUが、定期的に受けているという血液検査の結果を報告。「かなり悪い結果だった」といい、ファンからは心配の声が寄せられている。

TERU Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

TERUは1月24日にInstagramを更新し、自らが描いた採血中のイラストを公開。そして「定期的に血液検査してるんですが、今回はかなり悪い結果だったので、1週間お酒を断ち2週間後に再検査」と、血液検査の結果が悪く再検査をすることになったことを報告した。「かなり悪い結果」との書き方には不安が募るが「新年会、やりすぎましたね(笑)」と明るく続けていることから本人はさほど気にはしていない様子。大丈夫なんでしょうか……。

フットサル大会で活躍、心配は無用……?

TERUは1月20日にさいたまスーパーアリーナにて開催された、音楽関係者たちによるフットサル大会『音蹴杯』に参加し、大会後に「今夜は10日ぶりの酒を楽しみたいと思います!」とTwitterにて堂々宣言していた。「新年会」とはそのときの打ち上げのことなのだろうか、いずれにしてもそちらも相当な盛り上がりだったに違いない。

フットサルでも大活躍だったようなので心配は無用なのかもしれないが、TERUは1月10日頃から数日間、発熱で苦しんでいたこともSNSで明かしていた。それもあって、今回の再検査の報告には多くのファンが「大丈夫ですか?」「心配です」「お大事にしてください」「風邪もひいていたので余計にですね」「無理しないで」と心配そうな様子をみせている。お酒が大好きそうな彼にとって禁酒もツラいだろうが、くれぐれも無理はしないようにしてほしいところ。いい結果の報告を待ちましょう!

[耳マン編集部]