「写真で判断するのに疲れました」あの事務所がオーディションで“歌声のみ”審査を開始!

ニュース

[2018/1/26 13:44]

人気グループBiSH所属プロダクションのオーディションが話題

女性アイドルグループBiSやBiSH、GANG PARADEらが所属する音楽プロダクションWACKがオーディション『WACK合同オーディション2018』を開催中。同オーディションにて“歌声のみ”の審査が行われることが、オフィシャルサイトおよび同プロダクションの社長・渡辺淳之介氏のTwitterにて発表された。

BiSH

<耳マンのそのほかの記事>

同オーディションにはすでに1,500通を超える応募があったものの、“写真審査に疲れた”ことから、歌声のみの審査を開始。応募方法は、アカペラで歌った声を録音したデータを必要事項とともにメールで送付すること。これについて渡辺氏は「写真で判断するのに疲れました。みんなの自信ある歌声をお聞かせください」と綴っている。

渡辺淳之介 Twitter Twitter

「声だけで奇跡の逸材見つかりますように」の声も

このニュースがアイドルファンを中心にネットで話題を呼び、SNSでは「これは良いですね 素晴らしいと思います」「声だけで奇跡の逸材見つかりますように」「正直すぎて良い!」といった反応が見受けられる。また、圧倒的な歌唱力で多方面から高い評価を受け、最近ではMONDO GROSSOの新曲ボーカリストにも抜擢されたBiSHのメンバーアイナ・ジ・エンドを引き合いに「第2第3のアイナは果たして見つかるのか!」といったコメントも寄せられている。

同オーディションの合格者はWACKに所属し、「BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREいずれかもしくは…にてアイドル活動をスタート」することができるとのこと。締め切りは2月5日までなので、歌声に自信のある方はチェックしてみてはいかがだろう。詳細は同プロダクションのオフィシャルサイトにて確認してほしい!

『BiSH / My landscape[OFFICIAL VIDEO]』
[耳マン編集部]