AKB田野、「韓国行ったらみんな整形」「韓国好きな人、好きじゃない」インスタライブでの発言謝罪

ネットで話題

[2018/2/5 11:57]

インスタライブで過激な発言

アイドルグループAKB48のメンバー田野優花が2月1日、Instagramのライブ配信機能(インスタライブ)にて「韓国行ったらみんな整形したって思う」「韓国好きな人、好きじゃない」などと発言。K-POPファンを中心に非難の声が殺到し、本人が謝罪する事態となった。

<耳マンのそのほかの記事>

田野は同配信にて「韓国好きな人、好きじゃない」「韓国メイクは似合う人と似合わないが人いる。似合う人だけにして」「インスタのプロフィールのところに『韓国』とかハングル文字が書いてある人は無理」などとコメント。「韓国行ったらみんな整形したって思う」といった過激な発言も飛び出した。

「軽率で身勝手な発言を反省しています」

自身もかつては“韓国メイク”に挑戦した姿や、韓国発のガールズグループTWICEの“TTポーズ”をしている様子などをSNSで公開したり、同配信でも「韓国人は可愛い」「食べ物おいしい」などと韓国に対しては好意的な様子をみせており、今回はあくまで韓国人に憧れている日本人に対する持論を展開したようだ。しかし、K-POPファンや韓国に魅力を感じている人たちからは非難の声が殺到。それを受けて田野は2月4日にTwitterにて「誤解を招く発言により、たくさんの方を傷つけ、たくさんの方に不快な思いをさせてしまいました。軽率で身勝手な発言を反省しています。今後、このような事が無いよう、自分を見つめ直したいと思います。大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。同投稿にも批判的なコメントが寄せられており、事態の収拾には時間を要しそうだ。

田野は2012年よりAKB48のメンバーとして活躍。2017年には映画『リンキング・ラブ』で初主演を務め、1月26日に放送された音楽番組『ミュージックステーション』にはAKB48の“ボーカル選抜”として出演するなど、幅広い活躍をみせている。

田野優花 Twitter
[耳マン編集部]