新生E-girlsとしての初のアルバム発売! 2枚組で11人の魅力を凝縮

ニュース

[2018/3/28 11:00]

昨年11人組として再スタートを切った彼女たち

新生E-girlsとしての初のアルバムが5月23日に発売されることが発表された。

E-girls

<耳マンのそのほかの記事>

2017年6月、それまでの19人組グループから8人が脱退し、11人組の新生E-girlsとして活動することを発表。7月15日、16日にさいたまスーパーアリーナで初ライブを行った彼女たち。満を持して発売される初のアルバムは、6月に開幕するツアー『E-girls LIVE TOUR 2018 〜E.G. 11〜』に先駆けて発売されるもので、11人の魅力が凝縮された強力な作品となっているようだ!

大ボリュームの2枚組

2枚組での発売となり、DISC-1には『Love ☆ Queen』『北風と太陽』『あいしてると言ってよかった』『Pain, pain』といったシングル曲はもちろん、癖になるサウンドの超攻撃的ダンスチューン『Show Time』、キラキラポップな『Just a little』、新生E-girlsによる自由な決意表明を表現した『Keep on』の新曲3曲を加えた全17曲が収録予定となっている。

DISC-2にはE-girlsのデビュー時からのヒットソングを鷲尾伶菜、藤井夏恋、武部柚那の3人のボーカルで再レコーディングした17曲を収録予定。また、DVD、 Blu-rayにはこちらも初収録となる『Y.M.C.A. (E-girls version)』と、ダンスを存分に見せつける新曲『Show Time』のMVを含む全7曲を収録予定となっている。

初回限定盤は11人のアリーナツアーへ意気込みと、E-girlsへの想いを語ったドキュメントと100ページの撮り下ろしフォトブック付き! こちらもファン垂涎のアイテムとなりそうだ。

[耳マン編集部]