鋭いファンの予想が的中!? [ALEXANDROS]が実写版『BLEACH』の主題歌を担当!

ニュース

[2018/4/20 06:00]

鋭いファンの噂どおり……ライブSEでも使われていた『MILK』が挿入歌!

4人組ロックバンド[ALEXANDROS]が、人気コミックの実写映画『BLEACH』(7月20日公開)の主題歌&挿入歌を担当することが発表された。5月23日にニューシングル『KABUTO』をリリースし、8月16日には毎年恒例のスペシャルライブ『VIP PARTY 2018』を千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催、秋にはニューアルバムのリリースと2018年も加速度を増して躍進している彼らが、またひとつビッグニュースを提供してくれた。

[ALEXANDROS]。左から庄村聡泰(ドラム)、磯部寛之(ベース)、川上洋平(ボーカル&ギター)、白井眞輝(ギター)

<耳マンのそのほかの記事>

『BLEACH』は全世界シリーズ累計1億2,000万部という超人気コミック。その実写映画は『GANTZ』などを手がけた佐藤信介が監督、福士蒼汰が主演を務めるという一大プロジェクト。[ALEXANDROS]は主題歌『Mosquito Bite』と挿入歌『MILK』の2曲を提供する。

ボーカル&ギターの川上洋平が完成前の映画を観て、その場で携帯に入っていたデモ音源を佐藤監督と一緒に聴き、挿入歌『MILK』の起用が決定したという。すでに特報映像では同曲のインストバージョンが使用されており、一部ファンの間で「この曲は[ALEXANDROS]では?」と噂になっていた。なお、2017年の『VIP PARTY』では同曲がSEとしても使われていたという。

ドロス×福士蒼汰の舞台挨拶が見られるか!?

これについて川上は「先ほど完成したものを観たのですが、メンバー全員一致でその場でお金払おうかと思いました(笑) 自分たちがこういう作品の主題歌と挿入歌で関わることができて、本当に光栄に思っています。 映画を最初に見た際のイメージと“へこたれねえぞ”っていう感情が上手くマッチしたんです。タイトルの『Mosquito Bite』は最初に浮かんでいたのですが、お前の攻撃なんて蚊に刺されたくらいだぜって、いう意味もあります。NYへ武者修行的に曲を作りに行った自分たちの、へこたれないための自分たちの主題歌でもありました。[ALEXANDROS]にとっても成長を表す楽曲で、ここからいろんなものがスタートしていくんじゃないかなという一曲になりました。」とコメント。さらに主演の福士は「主題歌のお話を聞き、普段から[ALEXANDROS]さんの曲を聴いていたので、とても嬉しかったです。BLEACH×[ALEXANDROS]、絶対にかっこいい!と。実際に完成した曲を聴かせていただいて、映画の雰囲気とアクションシーンにもピッタリの迫力と勢いを感じました。歌詞も、子供が大人へ成長するときの、もがいている気持ちが表れていて、世界観にリンクしているのですぐに気に入ってしまいました!」と語っている。

下段左から佐藤信介、福士蒼汰、[ALEXANDROS]

なお、同作には杉咲花、吉沢亮、早乙女太一に加えて、世界で活躍するサムライギタリストMIYAVIも出演! こちらの演技も気になるところ。ドロス×福士蒼汰という夢のような舞台挨拶が見られるか、今からワクワクがとまらない!

『映画『BLEACH』予告』
[耳マン編集部]