地元・本八幡も発狂! ELLEGARDEN復活がすさまじい盛り上がり

ネットで話題

[2018/5/11 14:00]

「ただいま」エルレ祭り開催!

ELLEGARDEN(エルレガーデン) が10年ぶりに復活、この夏にツアーを開催することが発表された。5月10日18時過ぎにオフィシャルサイトにて真っ黒な全身タイツに身を包んだ最新メンバー写真とともに『THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018』のツアータイトルを発表。アクセスが集中して、一時はサーバがダウンする騒ぎとなった。

ELLEGARDENオフィシャルサイト

<耳マンのそのほかの記事>

ネット上でも「バンド詳しくない人に説明しますけど、エルレガーデン復活っていうのは漫画でいうとスラムダンク復活くらいどえらいニュースなんですよ」「今世紀最大級に歓喜している!!!!! 胸の高鳴りを抑え込むことが困難である!!!!!」「エルレガーデン復活で社内でモッシュした」「エモ!エモ!エモ!」などなど歓喜の声があふれており、ボーカル&ギターの細美武士はブログで「ただいま。全員笑顔にすっかんな:-」」のコメントを発表している。

地元の本八幡も歓喜!

2008年9月、最後のステージとなった新木場スタジオコースト(8月8日)を皮切りに、10日仙台 PIT、15日千葉ZOZOマリンスタジアム公演が発表された。新木場公演と仙台公演のチケットは2,900円(千葉公演は1ドリンク付き4500円)。このチケット代の安さも衝撃で、ファンは喜びの声をあげまくった。

ロックバンド、アジアン・カンフー・ジェネレーションのGotchこと後藤正文(ボーカル&ギター)は「エルレの活動再開嬉しいですよ。何回か本人に「やんないの?」って聞いたことあるくらいにはファンです。はい。そして、ジェラス。俺も何らかの活動再開してチヤホヤされたい。笑。でも本当に、マジ嬉しいッス。最高だね。」とツイートしてこの復活をよろこんでいるが、過去(2月2日)にも2千円代というチケット代の安さに対して「細美君はほとんど神です。自分たちで楽器を運搬したりして、相当切り詰めてやっています。僕らには出来ないです。本当にすごいことをやっています」
といったリツイートを残している。

後藤正文 Twitter

エルレガーデンは1998年に千葉で結成。細美、生形真一(ギター)、高田雄一(ベース)、高橋宏貴(ドラム)の4人編成で、ライブハウスを中心に絶大な人気を集め、バンドシーンの中心的存在に登り詰めていたが、2008年9月7日の新木場スタジオコーストのライブを最後に活動休止状態に入っていた。細美はthe HIATUS、MONOEYESを結成、生形はNothing’s Carverd In Stonesを中心に椎名林檎、吉川晃司のサポートで活動するなど、休止中も各メンバーは勢力的に活動していたものの、4人での活動を渇望する声はこの10年間やむことがなかった。

彼らの地元である千葉県・本八幡の情報を発信するTwitterアカウントも「エルレガーデン復活ってマジですか!? エルレガーデンは本八幡サードステージで1998年に結成された正真正銘 本八幡のバンドですから! 2008年に活動休止してから10年の時を経て復活! ありがとうございます!!」とコメントするなど大盛り上がり。今から復活ステージが待ち遠しい!

本八幡市 Twitter

[耳マン編集部]