「山あり谷ありありありでしたが…」加護亜依がデビュー18周年を報告! モー娘。同期へのコメントも

ネットで話題

[2018/5/18 12:37]

元モー娘。加護亜依がデビュー18周年を報告

5月17日、アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバーでタレントの加護亜依がInstagramを更新し、デビュー18周年を迎えたことを報告した。

加護亜依 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

加護は2000年4月にモーニング娘。4期メンバーとして石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美とともに加入。同年の5月17日にリリースされたシングル『ハッピーサマーウェディング』でCDデビューを果たした。加護は同エントリーにて「私事ですが今日でデビュー18年目を迎えました」と報告。さらに「18年の間にお休みがあったり 山あり谷ありありありでしたが.... 笑」「でもこうして今日があるのは皆さんのお陰です! ありがとうございます」とこれまでを振り返りつつ感謝の言葉を綴り、「四期最高!」と、同期メンバーへのコメントで投稿を締めくくった。

「18年も続けてくれて、アイドルになってくれてありがとう」

モーニング娘。卒業後には未成年喫煙スキャンダルで芸能活動を休止するなど、まさに“山あり谷あり”だった彼女。しかし最近では舞台への出演、5月27日にはワンマンライブも控えるなど精力的に活動し、SNSでも元気な姿をみせている。そんな加護のもとにファンからは「おめでとうございます 18年間も続けてくれて、アイドルになってくれてありがとう」「デビュー当時からずっと大好き」「18年、素晴らしいです! これからも自分らしく楽しんで下さいね」「僕にとって永遠のアイドルはあいぼんです」と祝福の声が殺到。さらに「4期の絆は強い!」「4期最高」と、同期メンバーを称賛するコメントも寄せられている。

モーニング娘。4期メンバーでは石川が4月に第1子出産を発表し、4人全員がママになった。デビュー当時は小中学生だった彼女たちの現在の姿を見て、昔からのファンはさぞかし感慨深いものがあることだろう。

耳マン編集部