秋元康が総合プロデュース……声優アイドルプロジェクト・22/7からVTuberが誕生

ネットで話題

[2018/6/17 10:00]

すでにアニメ化も決定済み

秋元康が総合プロデュースを担当して、Sony Music とAniplexがタッグを組んだ声優アイドルプロジェクト・22/7(ナナブンノニジュウニ)から、藤間桜がVTuber(バーチャルYouTuber)デビューを果たした。

<耳マンのそのほかの記事>

人気クリエイターが手がけた8人のキャラクターを演じる声優アイドルを募るオーディションが開催されて、22/7は、2016年12月24日に結成された。2017年9月にデビューシングル『僕は存在していなかった』をリリース。2018年8月22日には3枚目のシングル『理解者』をリリースすることが決定しており、すでにアニメ化も決定している。

AKB48だって最初は観客7人

6月14日には、22/7のメンバーである藤間桜がVTuberデビューを果たした。初投稿した動画では、自己紹介の他に、「チャンネル登録者数を絶対に1万人にしろ!」とスタッフに命じられていることが明かされた。また、動画内では流暢な英語も披露しており、英語での自己紹介動画も公開されている。実は藤間役を演じる声優・天城サリーは、生まれも育ちもアメリカなのだ。

今はまだデビューしたばかりで、知る人ぞ知る的な存在の22/7。しかし、AKB48だって最初は観客7人からのスタートだったのだ。いずれは22/7が、AKB48グループや坂系グループをしのぐ存在になるかもしれない。