「美人姉妹すごすぎ」長濱ねるの妹役を演じる“美少女劇団員”に注目集まる!

ニュース

[2018/7/3 17:33]

欅坂46・長濱ねるの主演ドラマ!

アイドルグループ欅坂46のメンバー・長濱ねるが主演を務めるドラマ『七夕さよなら、またいつか』が7月7日深夜に放送される。そんななか、同作で長濱の妹役を務める“美少女劇団員”がアップした写真がSNSにネットで注目を集めている。

<耳マンのそのほかの記事>

同作にて長濱の妹役を務めるのは、秋元康プロデュースの演劇ユニット・劇団4ドル50セントの劇団員である湯川玲菜。彼女は7月3日、Twitterにて「長濱ねるさん主演の『七夕さよなら、またいつか』というドラマにねる役の妹役として出演させて頂く事になりました! 写真も撮って頂きました」と綴り、長濱とのツーショット写真をアップ。さらに彼女の印象について「長濱ねるさんは、とても謙虚な方でそれでも堂々とされていて憧れる存在でした! 妹ができたみたいって喜んでくれたのも嬉しかったです!」と素直なコメントを綴り、共演の喜びをのぞかせた。

湯川玲菜 Twitter

キュートな2ショットがSNSで話題に……

この投稿にネットでは「最高かよ」「妹役きたー」「こんな美人姉妹凄すぎ」「なんたる、超絶俺得すぎるツーショット」と喜びの声が続出。「すごっ!」「放送、楽しみにしてますね〜」と湯川の活躍を応援するコメントもあがり、話題を呼んでいる。

“美少女劇団員”湯川の活躍に注&目

劇団4ドル50セントは2月に旗揚げ本公演を東京・紀伊国屋ホールで行い、現在は毎週金、土、日曜日に東京・新宿アルタのKeyStudioにて週末定期公演『夜明けのスプリット』を開催中。公演では劇団員たちが甲組/乙組/丙組の3組に分かれて、それぞれが同一演目をパフォーマンスしている。

現在17歳の湯川は劇団内でも人気の高いメンバーだが芝居経験はほとんどなく、これまではモデル志望でさまざまなオーディションを受けていたそう。劇団のオーディションに合格したことで芝居と本気で向き合うようになり、現在猛稽古の日々を重ねているようだ。そんな彼女の今後の活躍にも、引き続き注目していきたい!!

耳マン編集部