プー・ルイのギャラ暴露騒動、「失望」コメント出したプロデューサーとバトルに発展!?

ネットで話題

[2018/7/21 10:00]

オリコン4位に国技館ワンマン、それでも月収は「高校生のバイト」?

アイドルグループBiSの元リーダーで、現BILLIE IDLEのプー・ルイが、BiS在籍当時の最後の収入を明かし波紋が広がっている。

<耳マンのそのほかの記事>

プー・ルイは7月18日、自身のYouTubeチャンネルに「【ガチ】アイドル時代の給料公開します」と題した動画をアップ。BiS時代の支給明細を公開した。その額は、今年1月から3月の3ヶ月分の合計で35万3,482円。月収に換算すると12万円足らずだったため、週2回程度アルバイトをしていたという。しかもこの額は、通常時よりも多かったほうらしい。

1月〜3月といえば、3月にBiSを卒業したプー・ルイにとって同グループに在籍した最後の3ヶ月。プー・ルイは「最後のツアーとか、(オリコン4位となったシングルの)リリース分も入ってる。私が辞めるというのもあったし、全国各地で割とソールドアウトになったり、最後の8000人キャパの両国国技館もなんとか売り切れた」と語り、活動そのものが少なかったわけではないことを強調した。

「キャバ嬢だったら1日で稼いだりするんじゃない?」とプー・ルイがその少なさを嘆くと、同じく動画に出演していたBILLIE IDLEのファーストサマーウイカが「高校生のバイトでも10万くらい稼ぐよなあ」と同調。プー・ルイも「確かに。高校生のバイトと一緒?」と自虐気味に笑った。

この金額にファンたちは騒然。「えっ。。。。少なすぎる」「少なすぎて空いた口が塞がらない…」「プールイクラスの知名度があってこの金額は驚愕」「芸能界の闇を見た」といったコメントが多数寄せられた。プー・ルイは2010年に結成されたBiSのオリジナルメンバーであり、それどころかグループ結成の言い出しっぺでもある。2012年にメジャーデビュー、2014年に横浜アリーナ公演をもって解散、2016年に再始動、その後東名阪ツアーも成功……と卒業するまで常にBiSを中心として引っ張っていたことを考えると、ファンが驚くのも当然だろう。

渡辺淳之介氏が反応「プー・ルイには失望」

話はここで終わらない。この件がネット上で話題になると、やはり、というべきかBiSが所属する音楽プロダクションWACKの代表、プロデューサーの渡辺淳之介氏がTwitterで「ちょっとぷーるいさんには失望笑」とコメント。続けて、「アーティストは個人事業主さんなので、完全歩合、利益の半分渡してるので、売れればいっぱいもらえますよ」と暗に釘を刺したのだ。

渡辺淳之介氏 Twitter

プー・ルイはBiS卒業後にNIGOがプロデュースするBILLIE IDLEに電撃加入しており、現在は渡辺氏率いるWACKの元を離れている。つまり、形としては以前の所属元時代のギャラを暴露したところ当時のボスにチクリとやられた、ということになる。

しかし……物議を醸した「ダイエット失敗→活動休止」騒動の顛末などを見ても、渡辺氏とプー・ルイの間に決定的な齟齬が生じるとは思えない。現に、件の渡辺氏の「ちょっとぷーるいさんには失望笑」というツイートにプー・ルイは「えぇー!良いって言ったじゃないですかぁ!笑」と返しており、なんかこの騒ぎ自体がいつもの平常運転という気もする。

プー・ルイ Twitter

いずれにせよ、プー・ルイ本人も「現存するグループのものは日々変わってると思いますし、人によっても違うのでその辺はご理解いただきたいですな」「ちなみに誤解して欲しくないのは、この金額に不満はないということです!ステージを作るのにはたくさんお金がかかるしね(^_^)」とも語っており、悪意をもって暴露したわけではないであろうことは確か。まあ、今回もまた彼らに振り回されただけということでしょうな。

大木信景@HEW