あの人気ギタリストの核兵器禁止条約に対するツイートに大きな反響

ネットで話題

[2018/8/7 11:25]

広島で平和記念式典が開催される SUGIZOが追悼のツイート

8月6日、広島市で『原爆の日』の平和記念式典が開かれた。これを受けてギタリストのSUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)が核兵器禁止条約についてTwitterでコメントし、大きな反響を呼んでいる。

<耳マンのそのほかの記事>

SUGIZOはこの日、Twitterを更新すると「広島の日。73年前、被爆し犠牲となった多くの尊き命に心から鎮魂の祈りを捧げます」と追悼。そして「世界で唯一の核爆弾による被爆国である日本が、なぜ核兵器禁止条約を拒否する立場を取るのか?」とコメントした。

SUGIZO Twitter

「アプローチを異にしている」安倍首相は核兵器禁止条約に不参加の立場

昨年、国連で採択された核兵器禁止条約について安倍首相は「核兵器のない世界を実現するためには核兵器国の参加は不可欠。核兵器禁止条約には核兵器国は1ヵ国として参加していない。核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、核兵器のない世界の実現をかえって遠ざける結果となってはいけない」としており、「我が国の考え方とアプローチを異にしている」としてこれには参加しないという立場をとっている。平和記念式典にも参加した安倍首相だったが、式典でのあいさつでは核兵器禁止条約については触れなかった。

SUGIZOは「本来ならば世界で最も非核を唱えることが許され、そのリーダーシップを取るべきなのに。甚だ信じられない。。。」と持論を綴っており、そんな彼の投稿には平和や核兵器についてのさまざまな意見が飛び交い、大きな反響を呼んでいる。

広島での平和記念式典には5万人が参加したと報じられている。8月9日には長崎が、広島同様に73回目の『原爆の日』を迎える。

耳マン編集部