早くも「ロスになりそう」の声……『半分、青い。』松雪泰子&永野芽郁の親子ショットが話題!

ネットで話題

[2018/8/23 11:30]

松雪泰子&永野芽郁の“母娘”ショット!

8月22日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』にてヒロイン・楡野鈴愛役を演じる永野芽郁がInstagramを更新し、同作にて彼女の母親・楡野晴役を演じる松雪泰子との仲むつまじいツーショット写真を披露した。

永野芽郁 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

永野は21日に更新されたブログにて同作の撮影が無事終了したことを報告し、撮影時の思い出や共演者・関係者への感謝の言葉を綴っていた。Instagramの同エントリーでは「撮影が終わっても会える嬉しさ いつでもおかーちゃんな松雪さんと。 頑張ったお祝いしてくれました」と、松雪とともに食事をしたことをツーショット写真付きで報告。ふたりは鈴愛の祖父・楡野仙吉役を演じた中村雅俊の舞台を観劇したといい、永野は「センキチじーちゃん、かっこよかった!!」と感想を綴っている。

称賛&労いの声が続々……「考えるだけでロスになりそう」の声も

写真に写るふたりは仲むつまじく寄り添っており、まるで本当の母と娘のよう。この投稿はネットで話題を呼んでおり、ファンからは「とっってもいい写真」「素敵すぎる親子ショット」「大好きな2人」「最高の親子です」と両者への称賛の声や「鈴愛にあと少しで会えなくなるかと思うとサミシイ」「もうすぐで終わってしまうと考えるだけでロスになりそうですが、最後まで楽しみます!」「長丁場の撮影、本当にお疲れ様でした!」と、労いの言葉が続々と寄せられている。

同作の最終回は9月29日に放送される。物語はいったいどんな結末を迎えるのか、引き続き注目したい。

耳マン編集部