現役ナースのコスプレイヤー、ヤンマガ2度目の表紙は「前回よりも身体絞って挑んだ」

ニュース

[2018/8/28 17:11]

現役ナースのコスプレイヤーがヤンマガ2度目の表紙!

現役ナースでコスプレイヤーの桃月なしこが8月27日に発売された漫画誌『週刊ヤングマガジン 2018年39号』の表紙・巻頭グラビアに登場。彼女が同誌の表紙を飾るのは2度目となり、さらに磨きのかかった美しいプロポーションを披露している。

<耳マンのそのほかの記事>

桃月なしこ (c)西條彰仁/週刊ヤングマガジン

最近ではオンラインゲーム『誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)』のテレビCMにも出演し、活躍の場を広げている桃月。まわりからの反響について彼女は「やはり真っ先に連絡が来たのが親でした。祖父母もちょうど先週から放送されたタガタメのCM見れたみたいで。頑張ってるね、すごいねって褒めてくれました」と語り、「あとは地元の友人からもCM見たよって連絡が来たり。もちろんTwitterやインスタでもCMみたよ、面白かった、演技よかった!って沢山の人に見ていただいてるみたいで…凄く嬉しいです」と喜びをのぞかせている。

「前回よりも身体絞って挑んだので、そこの変化を見ていただきたい」

今回、沖縄にて撮影が行われたという同誌のグラビアの“見どころ”について聞かれると、桃月は「前回よりも身体絞って挑んだので、そこの変化を見ていただきたいのと、嬉しいことに様々な誌面で撮影をしていただいたおかげで、今まで出来なかった色々な表情が作れるようになってるところですかね」とコメント。「元々自分の体型にすごくコンプレックスがあって…くびれがなくて幼児腹だったんです」と語る彼女は、「水着で活動させていただくにあたってこのままではいけないと思い、ジムや食事制限に励んでいました。おかげで最近はお腹に縦筋ができたり、少しずつくびれもできたりして自分の自信に繋がってます!」と、地道な努力の成果を明かしている。

桃月なしこ (c)西條彰仁/週刊ヤングマガジン

そんな桃月はデビューから約1年経つものの、現在も芸能活動とナースの仕事を並行して続けている。自身の今後について、彼女は「人前に立つ仕事をさせていただいている以上、もっと気を引き締めていきたいなと思っています。もちろんナースの仕事も頑張って続けて行けたらと思っています」と謙虚に語っており、真面目な一面をうかがわせている。ますます魅力的に進化していく彼女に、引き続き注目しておこう!

耳マン編集部