「恐ろしく良い」「最高に決まってる」BiSHチッチのソロデビュー曲、プロデューサーが明らかに

ニュース

[2018/9/6 10:55]

プロデュースは注目の女性バンド!

“楽器を持たないパンクバンド”をうたう女性6人組グループBiSHの2枚看板であるセントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドのソロデビューが決定しているが、セントチヒロ・チッチが歌う楽曲のプロデューサーが解禁。ソロデビュー発表時から「プロデュース誰かめっちゃ気になる」と話題になっていたが、その正体は……!?

セントチヒロ・チッチ

<耳マンのそのほかの記事>

9月19日に両A面シングル『夜王子と月の姫/きえないで』でソロデビューするセントチヒロ・チッチとアイナ・ジ・エンド。セントチヒロ・チッチが歌う『夜王子と月の姫』は、俳優としても活躍中の峯田和伸のバンドGOING STEADY/銀杏BOYZのカバーだが、同曲のアレンジ、演奏、プロデュースを注目の女性バンド・リーガルリリーが担当していることが明らかとなった。

リーガルリリー

「恐ろしく良い」「そんなもん最高に決まってる」

リーガルリリーはジャニーズグループ関ジャニ∞による人気音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』でも注目のバンドとして取り上げられたほか、大型フェスにも多数出演。インディバンドシーンで最も注目を浴びる存在のひとつだ。このコラボレーションはセントチヒロ・チッチ自身の指名と交流から実現に至ったという。今回の楽曲はBiSH結成以降すべてのサウンドプロデュースを手がけてきた松隈ケンタではなく、外部アーティストとのコラボレーションで制作されることが明かされており、ファンのあいだでも「プロデュース誰かめっちゃ気になる」と話題になっていた。

セントチヒロ・チッチと同じく熱烈な銀杏BOYZファンでもある映像作家・エリザベス宮地が監督を務めたMVも公開され、新進気鋭の女優・芋生悠に加え、リーガルリリーも登場。ネット上では「チッチのソロ曲リーガルリリーってまじか」「リーガルリリー ×チッチ とかそんなもん最高に決まってる」「チッチのソロ曲リーガルリリーってまじか」「恐ろしく良い」と早くも音楽ファンを中心に絶賛の声があがっている。

本日9月6日にはラジオ番組『SCHOOL OF LOCK』(TOKYO FM)でアイナ・ジ・エンド作詞・作曲によるソロデビュー曲『きえないで』の初オンエア解禁も控えている。こちらもチェックだ!

『夜王子と月の姫』

耳マン編集部