女の子の言う“YUKIちゃんに似てる子”って……音楽ネタも秀逸なレイザーラモンRGの新あるある本が登場

ニュース

[2018/9/18 17:32]

万物に“あるある”を見出す男ッ!

音楽好きとしてもお馴染み、6月にはファーストシングル『いただきます』をリリースした芸人・レイザーラモンRGの新たなエッセイ『あるある黙示録』が9月21日に発売される。

レイザーラモンRG

<耳マンのそのほかの記事>

同書は週刊誌『週刊大衆ヴィーナス』で2年半にわたって連載されたエッセイ『レイザーラモンRGのあるある・ザ・ワールド』をベースに加筆、修正を加えたもの。彼の十八番である“あるあるネタ”を軸に、万物に“あるある”を見出した画期的な(!?)一冊となっている。

“JUDY AND MARYあるある”や“韓国アイドルあるある”も

たとえば“キスあるある”では「ジェンキンスさん思い出しがち」、“春野菜あるある“では「緑がち」、“山本太郎あるある”では「メロリンQと、反原発、政治家の印象が強すぎて、『ウルルン滞在記』の活躍を忘れられがち」、“さんまのまんまあるある”では「冷蔵庫から飲み物出しがち」と独自の視点の“あるある”が収録されており、彼の慧眼に度胆を抜かれること請け合い。音楽系の“あるある”も楽しむことができ、“韓国アイドルあるある”では「鼻を高くして映画『アバター』みたいになりがち」、“JUDY AND MARYあるある”では「女の子の言う“YUKIちゃんに似てる子”って、ブスがち」などクスッとくる“あるある”が収録されている。

レイザーラモンRG

同書の刊行を記念して、『EX大衆』(9月15日発売号)、『漫画アクション』(9月18日発売号)、『週刊大衆』(9月21日発売号)にRGが登場し、あるあるを連発している。さらに、26 日の19時半からは、丸善・丸の内本店(3F日経セミナールーム)にてイベント『レイザーラモンRGさん 禁断の生あるある披露&サイン本お渡し会』が開催される。こちらも注目だ!

あるある黙示録

耳マン編集部