本田圭佑のマンガみたいな練習が話題「日常生活にも役立ちそう」

ネットで話題

[2018/11/11 10:00]

「あなたならこのペットボトルを掴めますか?」

11月8日、オーストラリアのメルボルン・ビクトリー所属の本田圭佑が、Instagramで独特の練習方法の動画をアップした。「マンガみたいで面白い」と話題を集めている。

本田圭佑 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

その動画で本田は、数メートル離れたペットボトルを凝視。脳にその位置をしっかりと焼き付け、眼をつぶって歩き出し、そのまま手で掴み取ろうとした。惜しくもペットボトルを掴み取ることは出来なかったが、これは空間認識力のトレーニングのようだ。自分が一体どれだけ動き、目標物との距離をどれだけ正確に把握出来るか、空間認識力はサッカーでも重要視されている。同投稿で本田は、「あなたならこのペットボトルを掴めますか? 全てのアスリートにとって大切で、子どもにもお勧めします」といった内容のコメントを英文でそえていた。

日常生活にも重要な空間認識力

「面白い!」「マンガの特訓って感じ」「これなら子どもと遊びながら出来る!」「こういうのもっと知りたい」「日常生活でも使えそう」とネットの評判は上々。「まだ上を目指していて素敵です」「いろいろな努力をしているんですね!」と本田のプロとしての姿勢も注目されていた。

空間認識力は、本田も語っているとおり、さまざまなスポーツに役立つ能力だ。また、スポーツ以外でも、絵を描くとき、写真を撮るとき、地図を読むとき、引っ越しの家具の配置の計算などさまざまな場面で必要となってくる。磨いて損はない能力なので、子どものみならず大人もこのトレーニングを試してみるといいかもしれない。