「あざとい!」「可愛い!」RAD野田のアンニュイな“萌え袖”姿にファン悶絶

ネットで話題

[2018/11/28 16:29]

指すら見えない“超萌え袖”!

ロックバンドRADWIMPSの野田洋次郎が11月26日、自身のInstagramに立て続けに2枚の写真を投稿。ニットの袖が余りに余ったお洒落な“萌え袖”姿に、ファンからは「ダボダボ感最高」「かっこよーじろー」「キュン死します」といったコメントが続々と寄せられている。

野田洋次郎 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

野田洋次郎 Instagram

野田はアンニュイな表情で座った写真と、ダンスをしているようなポーズの写真の2枚をInstagramにアップした。長丈のシャツの上にネイビーと白のニットセーターを羽織り、袖丈はダボダボに余っている。いわゆる“萌え袖”と呼ばれるものだが、それにしても丈が長い! 一般的な“萌え袖”の定義は袖から指先が出ている状態とのことだが、野田のそれは指すら見えない。普通の成人男性が同じ服を着たら「サイズ合ってないよ」と言われるだけだろうが、やはりそこは一流アーティスト。野田は見事にこのニットを着こなしてみせている。

「ガッキーよりかわいい」の声も!?

野田が披露した“萌え袖を超えた萌え袖”に、女性ファンからは「はぅぅっ」「ひゃーー!」といった言葉にならない悶絶の声が殺到。そのほかにも「なんだそのお袖は!けしからん!可愛いぞ!」「あざといわー!」「鼻血が止まりません」「ご褒美ありがとうございます!」「可愛すぎなんだけど笑」「女子のツボ抑えすぎだから」といったコメント、さらには「もうね〜 確信犯だよね〜 かわいいってわかっててやってるよね〜 全面降伏します」といった敗北宣言まで寄せられていた。とはいえ、「ガッキーよりかわいい」というコメントはさすがに言いすぎではないだろうか……?

ちなみに、1枚目の写真はTwitterのアイコンに採用するほど本人もお気に入りの様子。RADWIMPSは12月12日に約2年ぶりとなるニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』の発売が決まっており、ファッションだけでなく楽曲でもファンをおおいに魅了してくれるだろう。