本人の歌う姿も見納め! “辞職”直前のぼくのりりっくのぼうよみが最後のMVを公開

ニュース

[2019/1/9 17:30]

1月をもって“辞職”するぼくりりが最後のMVを公開

動画サイトで注目を集めて現役高校生としてメジャーデビュー、瑞々しい言葉使いが評価されて、エッセイの執筆なども手がけてきた若き才人、ぼくのりりっくのぼうよみが、アーティストとして最後となるMV『僕はもういない』を公開した。

<耳マンのそのほかの記事>

ぼくのりりっくのぼうよみ

2019年1月をもってアーティスト活動を終了させる=辞職することを宣言、2018年12月にベストアルバム『人間』、ラストアルバム『没落』をリリースしたぼくのりりっくのぼうよみ。今回公開された『僕はもういない』は2018年9月に配信リリースされており、『没落』にも収録されていたナンバー。作品はイラストレーター&映像作家の藤瀬みずによるアニメーション、本人の歌う姿、歌詞が切り替わるインパクトのある仕上がりとなっている。

『通夜』『葬式〜前夜祭〜』『葬式』散り際の3公演で何を見せてくれるのか?

『通夜』と銘打たれた1月13日の大阪・森ノ宮ピロティホール、『葬式〜前夜祭〜』『葬式』のライブタイトルで28日、29日の東京・昭和女子大人見記念講堂の3公演をもってその活動に幕が降ろされる。常識の枠にとらわれず活動してきた唯一無二のアーティストが、散り際にどんな景色を見せてくれるのか非常に気になるところだ。

耳マン編集部