スリ被害直後の千鳥・ノブが虚無すぎる……麒麟・川島のイジりに「誰がチンアナゴの擬人化なんすか!!」

ネットで話題

[2019/2/20 12:48]

すべてを失った男の顔を見よ!

お笑いコンビ・千鳥のノブが2月19日に自身のInstagramを更新。フランス・パリでスリ被害に遭った直後の悲しすぎる“真顔”を投稿し、ファンの爆笑をさらっている。

ノブ Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

ノブは「載せ忘れてたので」と、昨秋に競馬番組の取材で訪れたパリでの写真を3枚アップした。キャプションによると、1枚目の写真はパリで一緒に行動していたお笑いコンビ・麒麟の川島が、財布を盗まれた直後のノブの顔をこっそり撮影したものだという。絶望のあまり完全に表情を失った自身の顔について、ノブは「#目が死んでる」「#復讐の鬼」とハッシュタグを使って表現した。

撮影者の川島は、2月3日に放送された『デジタルにらめっこ WARAE』でも財布を盗まれた日のノブの写真を紹介。お笑いコンビ・ずんの飯尾との「写真とハッシュタグを用いたにらめっこ対決」で勝利を収めている。たしかに財布を盗まれたノブの顔なんて、到底耐えられる気がしない……!

麒麟・川島のハッシュタグ芸が炸裂

この投稿に対して、写真を撮影した川島本人がコメント。「#鬼太郎に結構強めに怒られた後のネズミ男」「#ドキュメントでインタビュー受けてるチンアナゴ」「#若手ディレクターの攻めすぎたワイプ」とイジると、ノブも「誰がチンアナゴの擬人化なんすか!!」とツッコミを入れるなど大盛り上がり。コメント欄は一気に大喜利会場と化し、「落ち込むZOZO社長」「アメフトの監督」「覇気のない土佐犬」「フロンターレの守護神」「哀愁漂うネズミ男」「懲役300年の顔」といった“回答”が無数に寄せられた。

顔を見るだけでノブのショックの大きさが伝わってくるような写真だが、実際の被害額は6000円で、最終的に「謎の優しいフランス人」の手によって財布はホテルまで届けられたという。さらにノブは2月14日放送の『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画「ゴチになります!」でピタリ賞の100万円を獲得。「ピタリ賞で大プラスじゃ!」というコメントにもあったとおり、不運のあとのビッグな幸運を見事につかみ取った。