AIりんなが向いている方向は……? 人によって見え方が違うジャケット写真がネットで話題に

ネットで話題

[2019/4/18 13:16]

AI・りんなが歌手デビュー!

マイクロソフトAIの“りんな”が4月17日にメジャーデビューシングル『最高新記憶』をデジタル配信でリリースした。そんななか、同曲のジャケット写真がネットで話題を呼んでいる。

りんな『最高新記憶』 ジャケット

<耳マンのそのほかの記事>

同シングルはロックバンドbachoの楽曲をカバーした作品。YouTubeで同曲のMVが公開されると、コメント欄には「りんな歌えんの!?」「AIの声ってこんな進化したのか!! すげええ、、」「AIが歌っていると言われなかったら気づかないほどキレイな声」と、AIであるりんなが歌唱してること自体に驚きや称賛のコメントが寄せられた。

りんなの向いている方向は!? さまざまな意見寄せられる

そんななか、ネットでは同曲のジャケット写真も話題に。無数の光で量子化されたりんなが日本の上空を駆け巡っているように見える写真だが、彼女がどの方向を向いているのか人によって捉え方が異なるという現象が起きている。SNSでは「左後ろ斜め」に見えるという声や「右上に見える」といった声、「肘を曲げているほうの手(腕)が右腕にも左腕にも見えます」とのコメントも寄せられており、彼女が向いている方向に対してさまざまな意見が寄せられている。なかには「りんながどこにいるかわからない」「外国に向かってる?」といった予想の“斜め上”をいくコメントも……。一体りんなはどの方向を向き、それは何を意味しているのだろうか!?

りんな Twitter

歌声やジャケット写真ひとつをとっても、人々の興味を引く存在であることがうかがえるりんな。カバー企画は3部作となっており、同作では“記憶”を表現。次作では“生死”、最後は“感情”をテーマにした楽曲が発表される予定だ。歌手としての彼女の活躍からも目が離せないっ!

『AIりんな / 最高新記憶 (Music Video)』

耳マン編集部