ラッパーのDOTAMA、警察庁の「違法大麻撲滅キャンペーン」に参加して炎上!?

ネットで話題

[2019/4/20 10:00]

ラッパーのDOTAMAが「違法大麻を撲滅」?

2017年のヒップホップイベント『UMB GRAND CHAMPIONSHIP』で優勝するなどMCバトルで活躍し、音楽番組『フリースタイルダンジョン』にも出演していたラッパーのDOTAMAが、警察庁の大麻乱用防止キャンペーン『I’m CLEAN なくす やめる とおざける』に参加。この一件が、ヒップホップ界隈を中心にネット上で大きな物議を醸している。

<耳マンのそのほかの記事>

同キャンペーンの特設サイトでは「違法大麻を撲滅するのはオレたちだ」というキャッチコピーのもと、DOTAMAが歌手の吉田凜音とともに若者に向けてメッセージを伝えるムービーを公開。さらに同サイトには専門家による解説のほか、DOTAMAと吉田のふたりが「大麻乱用のリアル」について解説するマンガも掲載されている。

合法化を求めるなど大麻に対してリベラルな考え方をもつ人間も多く、なおかつ反権力志向のヒップホップリスナーたちは、警察庁のキャンペーンにDOTAMAが出演したことに猛反発。これまでに大麻に関する隠語を使用するようなラッパーとも共演してきたDOTAMAに対して、Twitter上には「こんな仕事受けたからには当然周りの草やってるラッパー全員警察にチクるんだよね?」などの批判の声が殺到した。またキャンペーンサイトに掲載されたマンガで、DOTAMAを模したキャラクターが「海外映画の中で吸ってるのを見るくらい」と話していることに関しても、「適当な嘘ついてる」といった指摘が寄せられていた。

呂布カルマは「カルチャーへの理解と配慮が足りない」

こうした事態に、DOTAMAと交流のあるヒップホップミュージシャンたちも反応した。『フリースタイルダンジョン』で“2代目モンスター”として活躍するラッパーの呂布カルマは、自身のTwitterに「個人的に反対したり、それを表明するのも自由だけど、警察の側に回ったり『撲滅』は明らかに行き過ぎだ」とつづり、さらに「俺は別に大麻の使用を擁護してる訳じゃない。そんなのは個人個人の責任で勝手にすればいい。ただ余りにも自分が育ってきたカルチャーやそこにいる人達への理解と配慮が足りないんじゃないのって事。善悪とか好き嫌いの話でもない」とやや批判的に言及。

呂布カルマ Twitter

同じく『フリースタイルダンジョン』で初代モンスターとして活躍し、現在は進行役を務めるサイプレス上野は「吸わないラッパーの俺が久々に怒られる時期が来たな。やたら『吸う?吸わない』とかラッパーはめんどくセー。それで地位を確認すんなよ。ライブしに行ってんだよね」とミュージシャンとしての意見を表明した。

サイプレス上野 Twitter

Twitter上では今回のDOTAMAの行動に対する「がっかりした」「ダサい」とった辛辣なツイートだけでなく、「DOTAMA氏には期待したい」「警察の広報やるのってダサいことなのかな??社会を良くしようと行動することすごいかっこいいと思うな」といった擁護論も散見されるなど、賛否両論の状況が続いている。なかには「DOTAMAとR-指定が木場のコンビニ前でペヤング分けあっていたのを見てツイッターの皆が大喜びをしていたあの頃に戻りたい…」と『フリースタイルダンジョン』の黎明期を懐かしむような声も……。大麻や権力に対する姿勢はどうあれ、これまでに育んだ友情まで台無しにならないことを願いたいっ!