人情派の雰囲気出すぎ! 木梨憲武の弁護士風コスチュームに「ズボンの丈が絶妙」と爆笑広がる

ネットで話題

[2019/6/12 19:29]

木梨憲武、今度は弁護士にジョブチェンジ!?

6月12日、お笑いタレントの木梨憲武がInstagramを更新し、ここ最近シリーズ化している“職業モノマネ”の新作を公開。ひと昔前の弁護士風のファッションを披露し、またしても爆笑をさらっている。

この投稿をInstagramで見る

顧問弁護士です。

木梨憲武 / Noritake Kinashiさん(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿 -

木梨憲武 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

「顧問弁護士です」と簡潔に概要を説明した木梨は、昭和風のサングラスにベージュのハット、ハイウエストのズボンという出で立ちで、ジャケットを片手に横断歩道で立ち止まる写真を投稿。なんとも野暮ったいシルエットと絶妙な丈感で、見事に“昔かたぎの頑固な弁護士”感を醸し出すことに成功している。

木梨憲武 Instagram

木梨のInstagramでは、ここのところ寿司屋、美容師、花屋、パン屋、農家、アーティスト、漁師など、さまざまな職業の人間を演じるネタが定番化。また所ジョージや堂安律など、なんの前触れもなく登場する豪華なゲストも話題になっており、つい先日のミュージシャンのネタではサッカー日本代表の岡崎慎司、そしてラッパーのAKLOとともに「ダイビングヘッド」というグループを結成していた。サッカー関係で交流がありそうな岡崎はともかくとして、AKLOとはいったいどんなつながりなんだろう……?

同シリーズの書籍化を希望する声も

Instagramのコメント欄には、「やばすぎます!笑」「最高です」「毎回面白すぎる」「今まででこれが一番好きです」「こんなん絶対人情派でしょ」「このシリーズで一番吹きました」と爆笑&絶賛のコメントが殺到。「ワイシャツのサイズ感と折りジワが」「ズボンの丈が絶妙」「ウエストラインが高い笑」などのコメントにある通り、ディテールまでこだわり抜いた古き良き弁護士ぶりに、「写真集待ってます」「書籍化して欲しい」という声まであがっていた。また、サングラスに半袖シャツにハイウエストという風体から、「タモリさん!?」「ブラタモリじゃん」「タモリさんかと思った!」といった反応も……。言われてみれば、たしかに似ている気がする。

5月26日の日本ダービーの馬券を外して「#しばらく旅に出ます」と告げて以降、2週間以上にわたって転職に次ぐ転職を繰り返してきた木梨。果たして、この先ふたたびお笑いの世界に舞い戻ってくることはあるのだろうか? 今後の展開と、さらなる大物ゲストの登場に期待したい!