美人イラストレーター・竹内星菜、タクシー運転手の危険運転を告発「後悔してからじゃ遅いんやで!」

ネットで話題

[2019/7/4 17:40]

「女の子のライブ配信」をながら見運転

漫画『小学生の妹がバンギャです』の作者として知られ、7月4日発売の『週刊ヤングジャンプ』でグラビアデビューも果たした美人イラストレーターの竹内星菜が、タクシーでの実体験を明かした。「こんな人がいるから事故が減らないんかな」と嘆いている。

竹内星菜 Twitter

<耳マンのそのほかの記事>

竹内は7月3日、「この間タクシー乗った時の出来事です」という漫画をTwitterに投稿した。そちらの漫画によると、社内で謎の声が聞こえると不思議に思っていたところ、運転手が片耳にイヤホンをつけて、「女の子のライブ配信」をこっそりスマートフォンで見ながら運転していたそう……。「画面見てる間に人の命を奪ってしまったらどうするん? 後悔してからじゃ遅いんやで!」「本気でこういうの危ないからやめてね。こんな人がいるから事故が減らないんかな」と運転手の行動を厳しく批判している。

ファンもタクシー会社への通報を勧める

当該ツイートに対して、ファンからは「そんな運転手がいるの?信じられない!」「危険すぎる!」「命を預かっているという意識が欠けているんだろうね」「マナー無さ過ぎます」といった共感のリプライが寄せられている。

タクシー運転手に危険運転があった場合は、その場で注意するのが手っ取り早い……のだが、やはり直接声をかけることには不安も感じるだろう。その場合は、タクシー会社もしくは地域のタクシー協会やタクシーセンターに問い合わせるという手もある。竹内に対して、危険運転の通報を勧める声も少なくない。とにもかくにも、こうした地道な啓蒙活動によって悲惨な事故が減少することを祈るばかりだ。