仲村トオル&鷲尾いさ子夫妻の娘・ミオ、初のデジタル写真集で176センチの抜群スタイルを披露

ニュース

[2019/7/30 12:18]

“スーパーサラブレッド”ミオによる初のデジタル写真集!

モデルのミオによる初のデジタル写真集『ミオ BIRTH』(撮影・安珠)が8月9日に発売される。

『デジタル原色美女図鑑 ミオ BIRTH』(撮影・安珠)表紙

<耳マンのそのほかの記事>

俳優の仲村トオルと女優の鷲尾いさ子を両親に持つ“スーパーサラブレッド”のミオは、1998年生まれの20歳。176センチの長身で、スラリとしたスタイルが印象的だ。そんな彼女は2019年3月に『エビオス整腸薬』のCMに出演し、6月には週刊誌『週刊文春』の『原色美女図鑑』コーナーで初のグラビアを披露した。

初グラビアで176センチの抜群スタイルを披露!

『ミオ BIRTH』はそんなミオによる初グラビアの写真で構成されており、彼女がモデルとして“誕生”する瞬間が捉えられている。撮影を手がけたのはミオと家族ぐるみの付き合いがあるという写真家の安珠氏で、透明感あふれる美しい彼女の姿が収められている。また、同写真集の発売に先駆けてYouTubeでは撮影中の風景がみられる特別ムービーも公開。こちらも合わせてチェックしていただきたい!

『デジタル原色美女図鑑 ミオ BIRTH』(撮影・安珠)本文より

ミオ コメント

CMのお話をいただいて、悩んだけれど、チャレンジさせていただいたら楽しくて。安珠さんとの撮影もやっぱりすごく楽しかったです。自分がこの先、どのように歩んでいくのかは、まだわからないけれど、“今”という時間を大切にしていきたいです。
まわりの方に、いいね、と言っていただいても、自分が写っているので、よくわからないですが(笑)。直感的に「あ、この写真好きだな」というのはあります。今回のデジタル写真集の表紙も、何パターンか見せていただいて「あ、これがいい!」とすぐに思って、その写真がお気に入りの1枚です。

耳マン編集部