和服美人の完成形!? 石田ゆり子の着物姿に「ため息が出ます」「女だけど惚れちゃう」と恍惚の声

ネットで話題

[2019/8/26 16:11]

石田ゆり子の典雅な着こなしにうっとり……

女優の石田ゆり子が8月25日にInstagramを更新し、雅やかな着物姿の写真を投稿。ファンや女優仲間から絶賛のコメントが相次いでいる。

石田ゆり子 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

石田は「着物を着ると心の奥深くからじんわりと幸せな気持ちになります」と綴り、自身が表紙を務めた雑誌『美しいキモノ』2019年秋号の撮影中のオフショットをInstagramで披露した。あわいベージュの着物で柔和な笑顔を浮かべた写真のほか、日本庭園の縁側という純和風なロケーションでも大和撫子ぶりを存分に発揮。座った状態でも背筋がピンと伸びた姿勢の良さや、さっぱりとまとめられた美しい黒髪が、彼女の持つ凛とした雰囲気をさらに際立たせている。着物の素晴らしさをアピールするうえで、これほど完璧なモデルはなかなかいないでしょうっ!

仲良し女優・板谷由夏も「チョーいけとる」

そんな石田の姿を、親交が深い女優の板谷由夏は「チョーいけとる」と大絶賛。同じく女優の中村ゆりや、モデルの松島花も「美しい」と感嘆のコメントを寄せた。さらに多くのフォロワーから「ため息が出ます」「女だけど惚れちゃう」「何を着ても素敵です」「国宝級のお美しさ」「待ち受けにして、毎日拝みたい」「品がありすぎます」「惚れ惚れいたします」「和服美人の完成形」など恍惚としたニュアンスの褒め言葉が殺到したほか、「同じ年とは思えない。ほんと素敵です」「なにゆえそんなにお綺麗なんでしょう」といった驚嘆の声も数多く寄せられていた。

9月13日公開の『記憶にございません!』、さらに11月1日公開の『マチネの終わりに』と、秋にかけてメインキャストでの映画出演が続く石田。コメディテイストの『記憶にございません!』では内閣総理大臣の妻、ラブストーリーの『マチネの終わりに』では女性ジャーナリストと、作風も役柄もまるで異なるだけに、さまざまな表情で観客を魅了してくれるに違いない。