ちょっぴりお疲れ? 川口春奈のアンニュイな頬杖ショットに「疲れ顔でも激かわ」の声

ネットで話題

[2019/9/25 11:19]

ほんのりとメランコリックな表情が美しい……!

女優の川口春奈が、9月24日にInstagramを更新。「今日もおつかれちゃん」とアンニュイな表情で頬杖をつく写真を披露し、「天使でしかない」「癒される」とファンを大いに喜ばせている。

この投稿をInstagramで見る

今日もおつかれちゃん 明日もがんばろ🐏

川口春奈さん(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿 -

川口春奈 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

「今日もおつかれちゃん 明日もがんばろ」とシンプルな文をつづり、ラフなジップパーカー姿で頬杖をつく自撮り写真を投稿した川口。目線をカメラから外して遠くを見つめることで、秋らしくほんのりとメランコリックな雰囲気を醸し出している。今をときめく人気女優として多忙な日々を送る彼女だけに、そう簡単には抜けない疲れもあるのかもしれない。とはいえ、あまり見せることのない憂いを帯びた表情によって、持ち前の美貌がさらに際立っているような印象さえ感じますね……!

「明日もがんばろ」という言葉に元気をもらうファンが続出

川口の「おつかれちゃん」という呼びかけを受けて、ファンからは「お仕事お疲れさまです!」「ゆっくり休んで下さいね」「体調に気をつけて頑張ってね」といった労いの言葉のほか、「なんか…つかれてる?」と心配する声も。一方で多くのファンは彼女の投稿に元気をもらったようで、「明日から頑張れます」「春奈さんの顔写真だけで明日も何万人もがんばれるのですよ!」「春奈ちゃんが言ったら、うん。がんばろ。と思える!」といったコメントが殺到。また「はーちゃん可愛すぎる⋯」「ぎゃんかわぐち」「今日もホクロが素敵です」「天使でしかない」「癒される」「疲れ顔でも激かわ」といった絶賛の言葉も相次いでいた。

2020年に放送される“フジテレビ開局60周年特別企画”のドラマ『教場』で、川口は木村拓哉扮する警察学校の教官・風間公親の教え子の菱沼羽津希役を演じる。木村のほかにも小日向文世や光石研といった豪華キャストが揃う同ドラマの中で、川口が女優としてどのような存在感を発揮しているのか、放送を楽しみに待ちたいところだ。