King Gnu井口理がセカオワハウスへ! Fukaseとの2ショットにファン「最高の組み合わせ」

ネットで話題

[2019/11/13 12:59]

Fukase、井口理の『白日』生歌唱に「泣いた」

ミクスチャーロックバンド・King Gnuの井口理(ボーカル、キーボード)が、4人組バンド・SEKAI NO OWARIが共同生活を送る通称“セカオワハウス”に訪れたことを明かした。SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseとのツーショットに、両バンドのファンから歓喜の声があがっている。

井口理 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

井口は11月12日にInstagramを更新し、セカオワハウスの一室でFukaseと密着して微笑む楽しげな写真を投稿。「とても居心地良しでした。最近体調が優れず塞ぎ込んでましたが最高の気晴らしになりました。お邪魔しました」と感謝をつづった。SEKAI NO OWARIのリーダーのNakajin(ギター)、さらにSaori(ピアノ、キーボード)の夫で俳優の池田大も加わった集合ショットで披露している“変顔”からも、これ以上なくリフレッシュできたことが伝わってきますね。

この投稿をInstagramで見る

白日歌ってもらた。泣いた。

Fukase(@fukase)がシェアした投稿 -

Fukase Instagram

またFukaseも自身のInstagramを更新し、「白日歌ってもらた。泣いた」と、King Gnuの大ヒットシングル『白日』を目の前で井口に披露してもらったことを明かしている。さらにマイクを持ってふたりで熱唱するショットを披露するなど、人気バンドのボーカル同士の交流を楽しんだようだ。それにしても、めちゃくちゃ豪華なデュエットですね……。

ファンは対バンやコラボを熱望!

今をときめくミュージシャンたちの邂逅に、「最高の組み合わせ」「素敵な関係ですね」「両方大好きだから最高すぎる」「凄い組み合わせ!」「推しと推しが仲良くなるとか冷静に過呼吸だわ」とファンは大喜び。またFukaseのInstagramには、「うらやましい…」「私も聞きたいです!」と井口による『白日』の生歌唱への羨望のコメントが殺到した。さらに「対バンしてください!」「正式にコラボするの楽しみにしてます」など、SEKAI NO OWARIとKing Gnuのコラボレーションを熱望する声も数多くあがっていた。

若い世代のリスナーから圧倒的な支持を誇り、2019年末の『NHK紅白歌合戦』への出場も有力視される両バンド。晴れ舞台での共演が実現するのか、出場歌手の発表を楽しみに待ちたい。