『THE MANZAI』出演のノンスタ石田、同期芸人を改めてリスペクト「化け物ばっかり」

ネットで話題

[2019/12/9 17:41]

NON STYLEも登場、注目集めた『THE MANZAI 2019 マスターズ』

お笑いコンビ・アンタッチャブルが10年ぶりに新作漫才を披露して話題を呼んだお笑い特番『THE MANZAI 2019 マスターズ』。放送後、お笑いコンビNON STYLEの石田明がブログを更新し、同番組にも出演していた同期の芸人らについて綴り話題を呼んでいる。

石田明 オフィシャルブログより

<耳マンのそのほかの記事>

『THE MANZAI 2019 マスターズ』には先述したアンタッチャブルのほか、人気芸人たちが大集結。NON STYLEも彼らならではのテンポのよい漫才を披露して爆笑を生んだ。石田は放送後にブログを更新すると、「ぼくたちは吉本の養成所NSCに通っていなかったので明確な同期はいない」と前置きをしながら、同期の芸人たちについて言及。「ぼくたちは2000年の5月に結成して道端で漫才を始めました。そして2001年の1月にオーディションライブを勝ち残り吉本に所属することになりました。とても微妙な時期に始めているぼくたちは、なんとなく自己申告で大阪22期と東京5期と同期だと言うことにしている」と事務所所属の経緯を綴りながら、「しかし23期と申告しておけばよかったってたまに思うんです」と心中を明かした。

「同期はすげーやつと化け物ばっかり」改めて同期をリスペクト

その理由について、「この同期はすげーやつと化け物ばっかりです。大阪22期で言うとキングコング・南海キャンディーズ・ウーマンラッシュアワー村本・とろサーモン久保田・スーパーマラドーナ・ダイアン・ギャロップ林・ミサイルマン・中山功太・なかやまきんに君・ネゴシックス・梶剛」「東京5期で言うとピース・平成ノブシコブシ・大西ライオン・5GAP・ラフコントロール・とくこなどなど他にもいるんですが、とにかくやばいしすごいやつが多いんですわ」と錚々たる芸人たちが同期となってしまっていることをあげ、「他事務所で同期とされてるのを入れればオードリー・アンガールズ・ナイツ・ハマカーン・U字工事・磁石・流れ星・タイムマシーン3号」「あげればきりがないくらいいますわ。おもしろい芸人ばっかりですわ」と同期芸人たちへの尊敬の意を表した。

石田は「それと同期って厳しいっすわ。後輩になっておけばもっと重宝されたかなと思ったりするんですよ」と綴りながらも、「やっぱりこの同期にもまれたから今があるんですよね。いい世代に生まれました。お笑い第7世代が熱い現在。ぼくたちはお笑い何世代か知らないけどみんながんばっててたくましいですわ。おもしろいですわ」「ぼくはぼくなりにこの世代を生き抜くために日々精進します」とお笑いへの意気込みを新たにし、「朝っぱらから酒飲んだようなテンションのブログですみません」とブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「私はNON STYLEさんが一番好き」「お二人のネタで爆笑してました」「同期の方が豪華」「同期の話が聞けてとても嬉しい」「最高」「夕べ、楽しませてもらいました」などの声が寄せられている。

耳マン編集部