『グランメゾン東京』で注目集める吉谷彩子の変顔&三ツ星ポーズに「激かわ」の声

ネットで話題

[2019/12/26 16:18]

「手が三ツ星っぽかったので」吉谷彩子が変顔を披露

女優の吉谷彩子が、12月26日に自身のInstagramを更新。出演中のドラマ『グランメゾン東京』を意識した“三ツ星ポーズ”とキュートな変顔を披露し、「激かわ」「変顔も三ツ星」と評判を呼んでいる。

吉谷彩子 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』のパティシエ・松井萌絵役で注目を集めている吉谷。そんな彼女は「昨日はメリークリスマスでした」と、親友との飲み会中のプライベートショットをInstagramに投稿した。「急遽飲んであんなに大爆笑できるなんて究極の大親友だと思いました」という言葉通り、リラックスした彼女の笑顔が実に魅力的なエントリーとなっている。さらに3枚目の写真では「載せようか迷ったけど手が三ツ星っぽかったので載せました」と、『グランメゾン東京』の主人公・尾花夏樹が劇中で見せる“三ツ星ポーズ”風のハンドサインと変顔を披露。気のおけない友人とクリスマスを目いっぱい楽しんだことを伺わせた。

平古祥平(玉森裕太)との恋模様の行方にも注目!

吉谷の飾らない人柄が現れたエントリーに、Instagramのコメント欄には「激かわ」「いっぱいかわいい」「なんかシャレオツ」「笑顔が三つ星」と称賛の声が寄せられた。とりわけ“三ツ星ポーズ”のショットがファンに好評のようで、「変顔も三ツ星の吉谷さん」「3枚目の写真が一番好きです」「変顔が魅力的」といったコメントが続出。さらに「グランメゾン最終回楽しみにしてます!」「前から大好きだったけど、グランメゾン見てからもっと大好きになりました」「日曜日が楽しみです」など、『グランメゾン東京』の最終回に向けたメッセージも相次いでいた。

スピンオフドラマ『グラグラメゾン東京 ~平古祥平の揺れる思い~』では、平古祥平(玉森裕太)をめぐる萌絵(吉谷)と蛯名美優(朝倉あき)の三角関係が描かれており、視聴者からは「グラグラメゾンも合わせて楽しみ」という声も。12月29日に最終回を迎える本編とスピンオフの結末を、楽しみに待ちたいところだ。