象にモテモテ! トータス松本のチェンマイでの旅行写真が「めっちゃ楽しそう」と話題に

ネットで話題

[2020/1/9 17:30]

2頭の象に熱烈にハグされるトータス松本

1月8日、ロックバンド・ウルフルズのボーカルで、俳優としても活躍するトータス松本が旅行先のタイ・チェンマイでの写真をInstagramに投稿。現地の象に長い鼻で抱きしめられる写真が「象にモテモテ!」「めっちゃ楽しそう」と好評を博している。

トータス松本 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

「旅!チェンマイ行ってきた!」と簡潔につづった松本は、チェンマイにある仏教寺院として有名なドイステープ寺院を訪れた際のショットをはじめ、4枚の写真を公開した。そのうちの1枚では、象舎にいる2頭の象とじゃれ合う楽しげなシーンが収められている。「#象」「#かわいすぎ」とハッシュタグが添えられているように、長い鼻で両脇から絡みつく象たちはまるでペットのように愛くるしい……。松本も満面の笑顔を浮かべており、象に懐かれるという貴重な体験はもちろん、現地の文化を堪能したことが伝わってくるエントリーとなっている。

「チェンマイ行ってみたい!!」と感化されるファンも

松本のInstagramには「トータスさん象にモテモテ!」「懐かれちゃって楽しそ!」「象さんに引き寄せられてるじゃないですか~」「象に好かれ過ぎ(笑)」「象と戯れてるの可愛いです」「めっちゃ楽しそう」などファンからのコメントが殺到。さらに「#モン族の服」だというエスニックな羽織を着た別の写真についても「お似合いですね!」「服似合い過ぎ」「衣装もステキです」といった感想が寄せられたほか、なかには「タイ料理食べたくなってきた」「行ってみたいなー!」「チェンマイ行ってみたい!!」という声も。自称「#エスニック松本」の楽しげな観光写真の数々は、多くのフォロワーの知識欲や食欲を刺激したようだ。

寺岡呼人や奥田民生、斉藤和義らと結成したロックユニット・カーリングシトーンズの一員でもある松本。同ユニットは2019年12月からホールツアー『やったぁ!明日はシトーンズだ!』を開催するなど、精力的な音楽活動を行っている。円熟味と若々しさを兼ね備えたパフォーマンスで、象だけでなく全国各地のオーディエンスを魅了してくれるに違いないっ!