「このドアがあればなぁ~」泉里香、“どこでもドアからひょっこり”ショットに共感の声

ネットで話題

[2020/3/2 12:25]

メガネ姿の“泉のび香”がどこでもドアから登場!

女優でモデルの泉里香が、3月2日に自身のInstagramを更新。国民的な人気作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具・どこでもドアから顔を覗かせる写真を投稿し、「誰もが欲しいアイテム」「これがあれば、通勤や旅行がどれだけ楽になることか」と反響を呼んでいる。

泉里香 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

泉が専属モデルを務めるファッション誌『Oggi』の4月号では、原作漫画の連載開始から50周年を迎えた『ドラえもん』とのコラボレーションを実施。同誌で彼女は“泉のび香”に扮し、ドラえもんとともに31日間の着回しを披露している。そんな彼女はInstagramで「#ドラえもんと着回し1ヶ月」というハッシュタグを添え、川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアムに展示されているどこでもドアのオブジェから、メガネをかけてひょっこりと顔を出したショットを公開した。「どこでもドア~」「このドアがあればなぁ~」と彼女がつづったように、行きたい場所に一瞬で移動できるこの道具を、どんな人でも一度は欲しいと思ったことがあるに違いない。

「便利やろなぁ」「今すぐに欲しい」と反響続々

どこでもドアへの願望を書き添えた泉の投稿に、Instagramのコメント欄には「誰もが欲しいアイテム」「便利やろなぁ」「寝坊した時は切実に思います」「これがあれば、通勤や旅行がどれだけ楽になることか」「自由になれそう」「今すぐに欲しい」といった共感の声が続出。どこにでも移動できるという道具の機能にかけて、「遊びに来て下さい」「りかえもんに逢いたい」「ここに来て~」と彼女を“召喚”したがるファンも相次いだ。さらにメガネ姿の彼女のキュートなルックスについても、「りかちゃん素敵」「メガネも似合う」「眼福です」「かわいすぎ」と称賛の声が多数寄せられていた。

作者である藤子・F・不二雄が1996年にこの世を去ったこともあり、原作漫画はすでに連載が終了している『ドラえもん』だが、1970年代から開始したテレビアニメは現在も放送が続いている。子供から大人まで誰もが一度は目にしたことがあるだろう『ドラえもん』と、泉がどんなコラボレーションを行っているのか、気になった人はぜひ『Oggi』の特集ページもチェックしてみようっ!