「やば!かわいすぎる」「アリエルかと思った」あのミュージシャンの大胆ヘアチェンジに反響

ネットで話題

[2020/3/20 11:26]

「そう、わたしは真っ赤っかなのです」

ロックバンド・ゲスの極み乙女。のドラマーであり、さとうほなみ名義で女優としても活躍するほな・いこかが、真っ赤な髪色にヘアチェンジした姿をInstagramに公開。「かわいすぎる」と反響を呼んでいる。

ほな・いこか/さとうほなみ Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

3月19日、ほな・いこかはInstagramを更新すると、「そう、わたしは真っ赤っかなのです」とコメントしながら自身のアップ写真を公開。コメントどおりの真っ赤なヘアカラー、そしてゆるやかなウェーブも印象的なニューヘアとなっており、奇抜なスタイルではあるものの非常にお似合だ。とは言え、暗めのカラー、重めのスタイリングの髪型の印象が強い彼女だけにかなりのイメージチェンジであることは間違いなく、パッと見で彼女だとわかる人はなかなか少ないかも!?

コロナの影響で舞台が中止に

そんな彼女のニューヘアに対して、コメント欄には「似合いすぎる」「アリエルかと思った」「やば!かわいすぎる」「ええええかわいい」「うつくしい、、、」といった絶賛の声が殺到。ゲスの極み乙女。のメンバーである川谷絵音からも「えー!まじで??」といった驚きの声が寄せられており(彼女の返信によると「会ったやないかーい!」とのことだが)、周囲からの反響の大きさもうかがえる。

新型コロナウイルスの影響で上演中止となってしまった舞台『カノン』(3月2日~15日:東京芸術劇場シアターイースト)に出演予定だった彼女。残念な思いをしているファンも多いが、女優として6月公開の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』に出演することも決まっている。ゲスの極み乙女。も5月4日に開催予定の音楽フェス『rockin'on presents JAPAN JAM 2020』への出演が決まっており、今後もドラマー、女優の双方で存分にファンを魅了してくれそうだ。

耳マン編集部