「前衛芸術」「色見本やん」カズレーザーが謎の写真を投稿、その理由とは……!?

ネットで話題

[2020/3/27 11:37]

真っ赤な衣装が生み出した謎の写真

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが、Instagramに赤い壁紙のような画像を投稿した。本人によると、自身の身体の一部が偶然によって撮影された写真のようで……?

カズレーザー Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

3月26日にInstagramを更新したカズレーザーは、「激しい運動のお仕事で、勝手に撮れてた一枚」と赤一色の写真を公開した。ただの赤い壁紙のようにも見えるものの、目を凝らすと左右で微妙にグラデーションができており、着ていた服の一部を写したものであることは確かなようだ。真っ赤な服装がトレードマークのカズレーザーだけに、自分でも「#身体のどこを撮ったのか」「#知るよしもない」と写真の“赤”がどの部分なのかは判然としない模様。こんな謎めいた写真でもネタとして成立してしまうのは、世界広しといえど彼くらいではないでしょうか……!

極端な引きの写真はこの投稿の布石だった?

ある意味でカズレーザーを象徴する写真に、ファンは「色見本やん」「赤すぎ笑」「どこを撮ろうが赤いという」「もはや無意識の赤ですね笑」「この一枚で誰のインスタだか直ぐ分かった。笑」と大ウケ。また「どこなのか想像するの楽しい」「勝手に胸のあたりだと思って見ます」「お腹…!?」「胃カメラでは無いですよね?」など、少なすぎるヒントから写真に撮られた部位を推理するような反応も。さらには「アートです」「センスいい」「天才」「前衛芸術」といったように、同写真をさらりとInstagramに投稿してしまうカズレーザーの感性を称えるコメントまで寄せられていた。

この投稿をInstagramで見る

お台場でテレ朝のお仕事

カズレーザー(@kazlaser)がシェアした投稿 -

カズレーザー Instagram

また直前のInstagramのエントリーでは自身が豆粒ほどのサイズに見える極端な引きの写真を公開していただけに、「前回の遠い遠い!!!からの近い近い!!!」「今度は近すぎです」といったツッコミも続出。さまざまなアイデアで多くの人を楽しませるカズレーザーのSNSに、引き続き注目していきたいっ!