布袋寅泰が哀悼の意を込めて『「ヒゲ」のテーマ』を演奏……「志村さんにも聴かせたい」の声

ネットで話題

[2020/3/31 11:57]

布袋寅泰、『8時だョ!全員集合』は「僕にとってのギター教室」

3月30日、ミュージシャンの布袋寅泰が自身のInstagramを更新。お笑い界の大御所・志村けんさんの訃報を受け、ピアノを伴奏に『「ヒゲ」のテーマ』をギターで演奏する動画を公開した。ファンの間で「こんなに哀しく聴こえるヒゲダンス初めて」「涙が止まりません」と反響を呼んでいる。

この投稿をInstagramで見る

志村けんさんの訃報を知りとても寂しく思う。「8時だョ!全員集合」は楽しいコントだけではなく、生演奏に合わせて日本の演歌やポップスやブルースやロックの生歌が聴ける素晴らしい番組だった。西城秀樹もジュリーもピンクレディーもCharも、石川さゆりもちあきなおみも尾崎紀世彦も、全ての歌手が個性的で歌唱力と表現力に溢れていた。僕はいつもテレビの前にギターを抱えて座り、画面から流れる様々なジャンルの音楽に合わせてコピーをしたり勝手にソロを弾いたりコードを探したりしていた。ビデオもYouTubeもなかったあの時代に、あの番組は僕にとってのギター教室でもあった。ドリフターズの皆さんはどなたも音楽愛に溢れた方々で、中でも志村さんのブラック・ミュージックへの造詣の深さは有名でした。あの頃笑い転げながら見たヒゲダンス。ぽろっと弾いたら懐かしい。昭和の良き日の思い出が胸に広がった。最高のエンターテイナー、志村けんさんの御冥福を心からお祈りします。いつの時代もシュールで深いユーモアを私たちに届けてくれてありがとうございました。そして我々はコロナウィルスの脅威に対し、また気持ちを引き締めましょう。天国の志村さんも強くそれを望んでいらっしゃると思います。#rip #stayhome #ステイホーム #志村けん

HOTEI Official(@hotei_official)がシェアした投稿 -

布袋寅泰 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

布袋は自身のInstagramの投稿で「志村けんさんの訃報を知りとても寂しく思う」とつづり、「『8時だョ!全員集合』は楽しいコントだけではなく、生演奏に合わせて日本の演歌やポップスやブルースやロックの生歌が聴ける素晴らしい番組だった」と回想。「僕はいつもテレビの前にギターを抱えて座り、画面から流れる様々なジャンルの音楽に合わせてコピーをしたり勝手にソロを弾いたりコードを探したりしていた。ビデオもYouTubeもなかったあの時代に、あの番組は僕にとってのギター教室でもあった」と思いのたけを語った。さらに「あの頃笑い転げながら見たヒゲダンス。ぽろっと弾いたら懐かしい」と述べ、ヒゲダンスのBGMとして知られる『「ヒゲ」のテーマ』を演奏しつつ志村さんへの哀悼の意を表した。

ハマ・オカモトは無言でベースソロを披露

急逝した国民的スターに捧げた布袋の投稿を受けて、Instagramのコメント欄には「なんと哀愁の漂うヒゲダンスのメロディーでしょうか」「こんなに哀しく聴こえるヒゲダンス初めて」「布袋さんの気持ちが表れているようで、どこか物悲しげです」「志村さんにも聴かせたい」「ヒゲダンスのテーマが寂しく聞こえてきます」と悲しみの声が相次いだ。なかには、「あたしも今日1日、この曲が頭の中を流れてました」というファンも。また志村さんの突然の訃報に接して「志村けんさんのご冥福をお祈りします」「本当に悲しいです」「だいじょうぶだぁ~って戻ってきて欲しかった」「こんなに悔しい感情は初めて」「涙が止まりません」「人生の一部が欠けたような感じで残念でなりません」「元気になって戻ると信じてたのに」といった声も続出した。

ハマ・オカモト Twitter

またOKAMOTO'Sのベーシストであるハマ・オカモトも、3月30日に自身のTwitterで『「ヒゲ」のテーマ』をベースソロで演奏する動画を公開した。同ツイートを受けて、「ジーンと来ました」「余計に泣ける」「心に染みる演奏です」「面白いとカッコイイの基盤がここに」「ハマくん、こんなの泣いちゃうよ」「聞いていたら泣けてきました」といったリプライが殺到。さらに言葉を使わず演奏だけで思いを伝えようとするハマの投稿に対して、「良き追悼」「ありがとハマ・オカモト」「素敵です」「粋な追悼に胸が熱くなりました」といった声も相次いで寄せられた。

『「ヒゲ」のテーマ』は、ザ・ドリフターズが主演を務めた公開バラエティ番組『8時だョ!全員集合』内のコントコーナーで披露されたヒゲダンスのBGM。志村さんがソウルミュージックの大ファンということもあり、アメリカのR&B歌手テディ・ペンダーグラスの楽曲『Do Me』を元ネタとしたことでも知られている。一聴して陽気な気分になってしまうようなノリノリのグルーヴが、いまは故人に対するファンそれぞれの思いを引き出すトリガーになっているようだ。