「みんなで可愛くならない?」藤田ニコル、自宅での前向きな過ごし方をファンに提案

ネットで話題

[2020/3/31 12:44]

にこるん発案の「お家時間」の使い方とは……?

3月30日、“にこるん”の愛称で親しまれているモデルでタレントの藤田ニコルが自身のTwitterを更新し、自宅で過ごす日々を「可愛くなる時間」にしようと提案。「みんなで可愛くなるとか最高じゃん」と称賛の声が集まっている。

藤田ニコル Twitter

<耳マンのそのほかの記事>

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出を控えるように政府や自治体が国民に要請している昨今。TwitterやInstagramで多くのフォロワーを持つ藤田は、「SNSの影響力あるからコロナについて若者とかに発信してって沢山DM届きます。自分のSNS影響力があるからこそ言葉を伝えるのが怖い」「みんなが不安な毎日を過ごしてる中私は何を発信したらいんだろう」と悩める胸中をつづった。そんな状況でも、藤田は「一周回ってお家時間て最高なんじゃないかと思ってきた。可愛くなる時間に使えるじゃんまず。とことん美容できるしさ」と逆転の発想で自宅待機のメリットを強調。彼女らしい飾らない言葉で、「可愛くなるための時間みんなで共有しない? みんなで可愛くならない?」とファンに向けてポジティブな提案を投げかけている。

藤田ニコル Twitter

「にこるんの発想すき」「めっちゃいい考え」と共感広がる

「#可愛くなる時間」というハッシュタグとともに投稿された藤田のツイートに対して、ファンからは「みんなで可愛くなるとか最高じゃん」「そのアイデア最高!」「にこるんの発想すき」「めっちゃいい考えだ」と賛同する声が続出。さらに「わたしもメイク研究したりしてる!」「脚やせのマッサージ最近始めた!」「3日前から自宅ダイエット始めたよ!」など、自宅で励んでいることを報告するリプライも数多く寄せられた。なかには、「それ以上可愛いくなってもな」と藤田を心配(?)する声も。いずれにせよ、暗いニュースばかりが飛び交うなか、彼女の考え方は多くのフォロワーを勇気づけたようだ。

「私はファンのみんなに会える日まで 次あったら、前より可愛くなった?って言ってもらえるように今日から頑張るわ!」と決意表明した藤田。ほかの多くの人にとっても、気軽に外出できないこの状況が、あらためて自分と向き合って努力をするための貴重な時間になるのかもしれない。