「めっちゃリアル」「気づかなかった」浅野忠信が投稿したスマホの画像にファン驚愕

ネットで話題

[2020/4/3 11:35]

ひび割れたスマホの写真かと思いきや……!?

俳優の浅野忠信が、4月3日に自身のInstagramを更新。ひび割れたスマートフォンが写った1枚の画像を公開したところ、「騙されました」「びっくり!」とネット上で驚嘆の声があがっている。

この投稿をInstagramで見る

(絵)

浅野忠信(@tadanobu_asano)がシェアした投稿 -

浅野忠信 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

「(絵)」と一言だけ添えて浅野が披露した画像からは、赤いテーブルのような場所に置かれた1台のスマートフォンを確認することができる。フロントのタッチスクリーンには周囲の景色が写り込み、ホームボタン周辺には使用感のうかがえるヒビが入っている。誤って落として画面が割れてしまったのだろうか? と思ってもう一度よく観察してみると、なんと写真ではなく絵ではありませんか! シンプルなタッチで描かれていながらも非常に写実的なこの画像、もはやアート作品と呼ぶべきクオリティかもしれませんね……!

「てっきり本物かと」「個展やって欲しい」と反響続々

浅野が投稿した画像を受けて、Instagramのコメント欄には「写真かと思った!」「すげーっ」「レベルが半端ない」「マジかと思いましたぞ」「気づかなかった」「騙されました」「本当に割れてるみたい」「びっくり!」「てっきり本物かと」「クオリティやば」「めっちゃリアル」と驚きの声が殺到。なかには「絵ェェェーッ!?」「え? 絵!?」とダジャレを交えて仰天するファンも。また、浅野の芸術的なセンスについて「素晴らしい」「個展やって欲しい」と称賛するコメントも寄せられた。

俳優として国際的に活躍するだけでなく、音楽や美術といった分野でも持てる才能を発揮している浅野。2018年12月には画集『蛇口の水が止まらない』を刊行し、同時期に東京・外苑前のワタリウム美術館で自身のドローイング作品700点を披露する展覧会を開催したことも記憶に新しい。その画力をいかんなく発揮しているInstagramの投稿に、ますます注目が集まっていきそうだ。