レイザーラモンRGの外出自粛中のあるあるネタにあの『マッキー』が反応して話題に

ネットで話題

[2020/4/9 12:10]

ダフト・パンクのあの曲で『サイン色紙あるある』

新型コロナウイルス蔓延による外出自粛を受け、自宅からお馴染みのあるあるネタをTwitterに投稿している芸人のレイザーラモンRG。そんな彼と、油性ペン『マッキー』で知られるゼブラ社のTwitter上でのやり取りが話題になっている。

ゼブラ Twitter

<耳マンのそのほかの記事>

4月9日、RGは「緊急事態宣言発令中なのに『サイン色紙あるあるありますか?』って頼んでくるやつどうかしてるぞ!」とファンから『サイン色紙あるある』のリクエストがあったことを報告し、「Daft Punkの『Get Lucky』にのせて歌ってやるから外出すんなよ!」とエレクトロデュオ、ダフト・パンクの楽曲『ゲット・ラッキー』にのせた『サイン色紙あるある』を披露。「サイン色紙あるある言えたらラッキー」というパンチラインを織り交ぜながら、軽快なメロディにのせて「サインを書くとき使うのはマッキー」というあるあるを導き出してファンを喜ばせた。

ゼブラ社も「Get Lucky!Get Mckee!」

そんなRGの『サイン色紙あるある』になんと『マッキー』を販売するゼブラ社のTwitterアカウントが反応。「マッキーのご愛用ありがとうございます おうちでたくさん書いてください!」という感謝の言葉とともに「Get Lucky!Get Mckee!」という頓智の利いたメッセージが添えられており、交わることがなかなかなさそうな両者による楽しいやり取りが繰り広げられている。外出自粛で落ち込みがちな世の中だが、こういったご時世だからこそ生まれたほっこりする出来事だと言えるだろう。

あるあるのほかにもYouTubeで注目を集めている『引きこもり推奨ラップ』など、外出自粛中も世の中を元気にしようとさまざまなコンテンツを投稿しているRG。話題となった『100日後に死ぬワニ』をオマージュした『100日後にあるあるを言うレイザーラモンRG』という企画も展開されているようで、そちらも行方も非常に気になるところだ。

耳マン編集部