「感涙」「素敵すぎる」Dragon AshのKjが息子とブルーハーツをセッション

ネットで話題

[2020/4/13 14:40]

ネット上で話題の『#うたつなぎ』

ロックバンド・Dragon Ashのボーカル・Kj(降谷建志)が歌唱動画をつないでいくリレー企画『#うたつなぎ』に参加。長男で映画『ラストレター』(2020年1月公開)で俳優デビューした降谷凪とのセッション動画を公開し、話題を呼んでいる。

Dragon Ash Twitter

<耳マンのそのほかの記事>

『#うたつなぎ』は指名を受けた人が歌唱動画を投稿し、次に歌う人を指名するネット上のリレー企画。これまでにさまざまなアーティストやタレントが参加し、盛り上がりをみせている。

「なぎくんも一緒なんて…」「感涙。。。。」ファン興奮

4月12日にはロックバンド・ACIDMANの大木伸夫からバトンを受け取ったKjが歌唱動画を投稿。Kjはファンであることを公言しているザ・ブルーハーツの楽曲『1000のバイオリン』をアコースティックギターで弾き語りしており、隣にはカホンでリズムを刻む降谷凪の姿も。自宅のリビングらしきところで行われているセッションはかなりのレア映像で、同企画だからこそ実現したファン垂涎の動画となっている。

コメント欄には「素敵すぎる」「元気出た」「凪くんも一緒だ!」「なぎくんも一緒なんて…」「Kjが歌う1000のバイオリンレア過ぎて嬉しい」「建志さんの唄うブルーハーツは心に沁みる」「1000のバイオリン。。。今の状況の下で聴いて。。感涙。。。。」など絶賛の声が殺到。歌唱動画の公開や息子とのセッションであることもさることながら、ブルーハーツの名曲『1000のバイオリン』のチョイスにも注目が集まっている。

Kjはロックバンドのthe telephonesのボーカル・石毛輝にバトンを渡しており今後の展開にも注目したい。『#うたつなぎ』はまだまだ楽しい時間を提供してくれるに違いない。

耳マン編集部