スリップノット公式Twitterが元ドラマーのジョーイ・ジョーディソンを追悼、ネット上に悲しみ広がる

ネットで話題

[2021/7/28 16:52]

ジョーイの訃報に公式Twitterが哀悼のツイート

7月26日(現地時間)、ヘヴィメタルバンド・スリップノットの創設メンバーで、元ドラマーのジョーイ・ジョーディソンが逝去。翌日にはスリップノットの公式Twitterが追悼の画像を投稿し、ネット上に悲しみが広がっている。

Slipknot Twitter

タトゥーが写り込むカットも……手越祐也、ファッション撮影のオフショットに注目集まる

スリップノットは、1995年に結成されたヘヴィメタルバンド。ジョーイは結成当時からドラムを担当し、白塗りのマスクが特徴的でバンドのコンセプトにおける中心人物でもあった。しかし、2013年に同バンドを脱退。その後はスカー・ザ・マーター(2016年に解散)、シンセイナムのメンバーとして活動していた。

2021年7月26日(現地時間)、ジョーイが睡眠中に亡くなっていたことが報道された。享年46歳だった。訃報を受けて、かつてジョーイが所属したスプリットノットの公式Twitterはキャプションなどをいっさい添えず、真っ黒な壁紙のような画像を投稿。ジョーイの早すぎる死を悼んだ。

ヒゲダン・藤原聡も「僕が世界で1番憧れたドラマー!」と反応

同投稿は7月28日16時半時点で1万7000回以上もリツイートされ、スリップノットの現メンバーであるショーン・クラハンとコリィ・テイラーも同様の画像を投稿している。また人気ロックバンド・Official髭男dismの藤原聡は「ジョーイは僕が世界で1番憧れたドラマー! ドラムに夢中になるきっかけをくれて本当にありがとう。R.I.P」とツイート。ネット上には「言葉にならない…」「永遠に愛してるよジョーイ」「ただただ悲しい」「憧れのドラマーが…」「46歳って早すぎる」などジョーイの死を悼むコメントがあふれ返っている。

卓越した技術力と圧倒的な個性で音楽シーンを彩ってきたジョーイ。ネット上での反響の大きさからも、彼が多くの人々に影響を与えたことが伺える。心よりご冥福をお祈りいたします。