オフホワイトの創始者ヴァージル・アブロー氏が死去、RGがキモ撮りで追悼

ニュース

[2021/11/29 13:59]

「大事に履きますね」RGがキモ撮りで追悼

11月29日、ファッションブランドOFF-WHITE(オフホワイト)の創始者で、同ルイ・ヴィトンのメンズアーティスティックディレクターだったヴァージル・アブロー氏が死去したことが発表された。死因は癌だといい、41歳の若さだった。

訃報をうけ、スニーカーマニアとして知られるお笑い芸人のレイザーラモンRGが彼ならではの作法でアブロー氏を追悼した。この日、RGはSNSを更新すると、彼が考案したスニーカー越しの自撮り“キモ撮り”をしながら「改めてスニーカーも箱も細部まで見ました。震えました。芸術作品です。大事に履きますね」とコメント。RGはナイキとオフホワイトのコラボレーションスニーカーを履いてキモ撮りをしており、彼の思いが込められた追悼キモ撮りには「本当にショックです」「RGさん同様、大事に履きたいと改めて思いました」「大事にします」など同じくスニーカーファンからの追悼のコメントが寄せられている。

レイザーラモンRG Instagram

板野友美が際どい“横乳”ショット公開!「これ以上は絶対にダメ」心配するファンも

ナイキも公式SNSにてアブロー氏を追悼している。ラグジュアリーストリートというジャンルを確立した天才の早すぎる訃報。世界中に悲しみが広がっている。

耳マン編集部