「僕はどれだけのリスクを抱えて部屋で寝てるのか?」ラッパー・ダースレイダー、基礎疾患ありでのコロナ感染で不安を吐露

ネットで話題

[2022/2/10 16:03]

ダースレイダー、コロナ感染による不安を吐露

ラッパーのダースレイダーが2月10日に自身のTwitterを更新。2月9日に新型コロナウイルスに感染したことを報告し、現在は自宅療養中の彼がその不安を綴ったツイートにネットで注目が集まっている。

ダースレイダー Twitter

2010年に脳梗塞で倒れ、病と戦ってきたダースレイダー。そんな彼はTwitterを更新すると「関節痛とそれに伴う妄想、悪夢が少し落ち着いた。二日間ほぼ一睡も出来ず。基礎疾患ありで自宅療養なんですが重症化リスクは何%なのか? 僕はどれだけのリスクを抱えて部屋で寝てるのか? 咳ひとつで始まったのか? とか考える。それにつけても友達、仲間は素晴らしい。連日助けられてる」とツイート。症状は少し落ち着いたとのことだが、基礎疾患がありながら自宅療養となった彼の不安はとても大きいことがうかがえ、多くの戸惑いや心配事が浮かんでいる様子をみせている。彼にとって最も良い方法で療養ができることを願うばかりだ。

「応援しています」「早く適切な医療にかかれますように」の声

このツイートに対してリプライ欄には「お大事になさってください」「睡眠がちょっとずつでもとれますように」「早く適切な医療にかかれますように」「とにかく休養あるのみです」「ホント無事でお願いします」「たくさんの人が早期の回復を祈っています。応援しています。悪いこと想像しちゃダメですよ!」と回復を祈る人たちの声が寄せられている。

同日には続けて「濃厚接触者として自宅にいる妻と長女の喧嘩の声で元気になるな。長女からはその日の出来事日記が紙で届きます」とも綴っていた彼。友達や仲間、家族に支えられながら療養に励んでいるようだ。彼が一刻も早く回復することを心から祈りたい。

ダースレイダー Twitter

「お加減悪いですか?」「痩せられましたか?」デヴィ夫人の投稿に心配の声??

耳マン編集部