きつね大津、レーシックで大幅に視力アップもエピソードが怖いと反響

ネットで話題

[2022/2/23 11:18]

視力が0.1未満から1.5まで回復!?

お笑いコンビ・きつねの大津広次がレーシックの手術をうけたことをTwitterにて報告。あわせて綴られたエピソードがなかなかの恐怖で……。

大津広次 Twitter

2月22日、大津はTwitterにて「視力0.1未満から1.5まで回復しました」とレーシックの手術によって視力が大幅に回復したことを報告。嬉しそうな様子の彼だが、続けて「僕にレーシックの説明してくれてる営業の女の人の目の面積10割充血してて、それだけが不安の種でした」とも綴っておりなかなかの恐怖体験だったそう。最終的には問題もなく「杞憂に終わって良かった」とのことで、これからのすっきりとした裸眼ライフが楽しみな様子をみせている。

10割充血はめちゃくちゃ不安……!

そんな彼の投稿には、手術の成功を喜ぶ声とともに「面積10割充血は普通に不安(笑)」「女性の方心配」「説明してくれた方の充血も気になります」「めっちゃ不安やん!」「女性の方の充血は確かに不安ですねwww」「10割充血は不安笑」「10割充血は心配ですね…」といった声が集まっており、大津と同様にその女性の容態が気になってしまったファンも多いようだ。10割充血は怖いですね……。

メガネ姿でおなじみの彼だけあって「大津さんの眼鏡姿好きなのでこれからもそこはよろしくお願いします」「もう眼鏡はしないんですか?」といった声も確認できるが、今後はどのような姿でお茶の間に登場するのだろうか。注目ですね!

さゆり、キュートな部屋着が話題に「かわいくてセクシー」「ほんま50代ですか」

耳マン編集部